ランニングシューズの選び方は?で正しいサイズの測り方と注意点とは?

ランニングシューズの選び方と正しいサイズの測り方と注意点について説明しています。まず、足長と足囲(ワイズ)を測り、店頭で試し履きをすることが大切です。また、ランニングシューズは、普段履きのサイズとは違うことを覚えておきましょう。そして、サイズが合わないと足を故障することがあるので、注意しましょう。

shoe

  • 足長を測る
  • 足囲(ワイズ)を測る
  • 店頭で試し履きをする
  • 普段履きのサイズとは違う
  • サイズが合わないと足を故障する

スポンサーリンク

足長を測る

asinaga

足長を測るには、自分の足より少し大きい紙を用意して、その上に足を乗せます。そして、足のかかと部分とつま先の一番長い部分にペンを垂直にあてて、線を引いて測ります。

足囲(ワイズ)を測る

width

足囲を測るには、実際にランニング時に使用する靴下を履いて、足の親指の付け根部分と、小指の付け根部分にメジャーを1周させて測ります。この時、より正確に測定した場合は、立った状態で別の人に測ってもらうと良いようです。

店頭で試し履きをする

ランニングシューズは、店頭で実際に試し履きをするのが重要だそうです。まず、ランニングシューズに紐を通して、足を入れてかかとを合わせたら、つま先に「捨て寸」と言われるあまりがあるか確認しましょう。

普段履きのサイズとは違う

ランニングシューズは普段履きの靴のサイズとは違うそうです。男性の場合は、楽に履く事を重視するために、大きめサイズを選びがちで、女性の場合は逆に足を小さく見せたいために、小さめのサイズを選んでしまうそうです。ランニングシューズは普段日常的に歩く靴とは違い、正確なサイズを選ぶことが大事だそうです。

サイズが合わないと足を故障する

kega

サイズが合わないランニングシューズを履いてランニングを続けていると、足の甲を痛めたり、足の爪が黒く変色してしまうそうです。また、足に靴擦れができたり、マメが出来てしまう原因にもなり、「足底筋膜炎」や「シンスプリント」などの足の故障に繋がります。

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎は、マラソンランナーに多く見られ、ランニングトレーニングなどで、足の裏が痛くなるスポーツ障害

シンスプリントとは

シンスプリントとは、陸上などの走る競技をしている人に多く見られ、下腿の内側に痛みの症状が出ること。また、痛みを我慢してトレーニングを続けると、疲労骨折をおこす場合もある。

疲労骨折とは

疲労骨折は、軽い負担を同じ部分に繰り返すことでおこり、ランニングで繰り返しトレーニングするマラソン選手などに多い。

人気のランニングシューズはこちら
↓↓↓

 

まとめ

ランニングシューズのサイズの測り方は、まず、足長と足囲のサイズを正しく測ることが大事なようですね。

シューズのサイズが大きすぎたり、小さかったりして、サイズが合わないままマラソンのトレーニングすると足底筋膜炎やシンスプリントなどの故障に繋がるようなので、注意が必要ですね。

ちなみに管理人は小学生の頃に少年野球チームに入っていましたが、練習のやり過ぎで腕を疲労骨折してしまった経験があります。なので、くれぐれもトレーニングのやり過ぎには注意しましょう。

おすすめ記事
↓↓↓

東京マラソン2016のエントリー期間は?3つの参加方法!

足の甲のむくみの4つの原因と対処法!塩分や水分を摂り過ぎない

足の指がつる時の5の原因と対処法!中年以降はつりやすい

膝の痛みの場所は内側と外側どっち?治療法と予防法は?

ウォーキングの時間と距離で大事なのは?ウォーキングのコツは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ