年末調整の還付金はいつ?バイトも還付金が返ってくるの?

年末調整還付金はいつ戻ってくるのか説明しています。また、会社員とパート・アルバイトの年末調整の違いについて説明し、パート・アルバイトが複数の勤務先の場合も説明しています。最後に、確定申告と年末調整の違いを説明しています。確定申告の納税は後払いで、年末調整は給与天引きで、先払いという形だそうです。

年末調整の還付はいつされるの?

nenmatutyousei

年末調整の還付は、会社によって異なり、12月中や1月になることもあり、給与と一緒の場合や、給与とは別のところもあるそうです。もっとも多いのは12月の給与に含まれるところだそうです。

スポンサーリンク

会社員の年末調整

会社員の年末調整は、会社から給与所得を受けている社員が、毎月の給料から天引きされている所得税を年末に調整することです。

年末調整には「1、平成〇〇年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「2、平成〇〇年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」の2枚の書類が必要で、会社から従業員に渡されます。

パート・アルバイトの年末調整

パート・アルバイトの年末調整は、1年間の収入が103万円以下なら、所得税がかからないために、源泉徴収されても年末調整で戻ってきます。

パートやアルバイトでも、正社員と同じで毎月の給料から所得税を天引きされている場合があるので、年末調整をすることになります。

しかし、会社によっては、パートやアルバイトに対して、年末調整をしないことがよくあるので、還付金を受け取れず損をする場合があります。その場合は、自分で確定申告をする必要があります。

パート・アルバイトが複数の勤務先の年末調整

パート・アルバイトが複数の勤務先の年末調整の場合は、会社ごとに源泉徴集票を提出してもらい、確定申告をする必要があるそうです。

また、源泉徴集票を発行するのは、会社の義務なので、損をしないためにも、堂々と請求しましょう。

確定申告と年末調整の違い

  • 確定申告とは
  • 年末調整とは
  • 確定申告と年末調整の違い

確定申告とは

確定申告は、個人で1月1日から~12月31日の間の所得を全て計算して所得税を確定し、申告する手続き。

年末調整とは

年末調整は、勤務先の会社が1年間に社員に支払った給与や源泉所得税を12月の最終支払日にその過不足分を調整すること。

確定申告と年末調整の違い

nenmatutyousei

確定申告と年末調整の違いは、確定申告の納税は後払いなので、手持ちのお金を全部使ってしまうと、後で税金を払えなくなってしまいます。それに対し、年末調整は給与天引きで、先払いという形なので、その額が多ければ還付されて戻ってきます。

まとめ

管理人もアルバイトをやっていた頃に、勤務先から年末調整の用紙を渡されて記入していた記憶があります。しかし、パートやアルバイトは、年末調整をしてくれない会社が多いというのは悲しいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

過払い金で弁護士と司法書士の違いは?無料の法テラスを利用しよう!

検索 独身男性の老後の資金はいくら必要?預金のコツは?

定期預金をネット銀行でするリスクは?預金の4つのコツ!

銀行の年末年始の営業日は?コンビニATMを無料で使えるネット銀行

会社を辞める時のタイミングは?ボーナス退職のコツ!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ