マンションでの猫の飼い方は?独身男性は里親になりにくいの?

マンションでの飼い方について説明しています。

まず、人気の猫の寿命と価格を紹介し、猫の入手法方はどこでするのか、また、猫のしつけ方法についても説明しています。

猫は、ペットショップやブリーダーから購入する方法がありますが、ネットの里親募集サイトから入手する方法もあります。

スポンサーリンク

マンションでの猫の飼い方

  • 人気の猫の寿命と価格は?
  • 猫の入手法方どこから?
  • 猫のしつけ方法は?

人気の猫の寿命と価格は?

  • スコティッシュフォールド

    スコティッシュフォールドの特徴は、その可愛らしい折れた耳です。しかし、耳が折れるかは生後2~3週間で決まり、折れたとしても、病気やストレスで折れたり立ったりするそうです。

    また、平均寿命は、一般的な猫より短く、垂れ耳同士で交配をを重ねるため、10~13年ほどだそうです。価格は、10~20万円。

  • アビシニアン

    アビシニアンは、最も古い猫の種類の一つと言われ、現在のエチオピアのアビシニアからイギリスに連れて来られたそうです。

    性格は猫の中でも犬に近く、ボール遊びや、名前を呼ぶと返事をしながら寄ってくるそうです。飼い主との触れ合いを楽しめるのがアビシニアンの特徴だそうです。

    平均寿命は、10~13年と言われていますが、最近はキャットフードの質が上がっているため、長寿化の傾向にあるそうです。価格は、5~15万円。

  • ラグドール

    ラグドールは、「ぬいぐるみ」という意味が込められていて、性格も、大らかで優しいそうです。

    そして、抱きかかえられても、ほどんど抵抗することがないので、子供やお年寄りにも人気があるそうです。平均寿命は、14~16歳で一般的な猫の寿命の15歳前後と比べると、少し長いようです。価格は、10~20万円。

  • アメリカンショートヘア

    アメリカンショートヘアは、別名「ワーキングキャット(働く猫)」と呼ばれていた経緯があり、ペット用の猫ではなく、ねずみや蛇などの害虫駆除として選ばれたそうです。

    性格は今でも獲物を追いかける習性が強く残っていて、ねこじゃらしなどのおもちゃに敏感に反応して、飼い主にとっては遊びがいがありますが、その好奇心旺盛な性格から、いたずらが過ぎる場合もあるそうです。

    平均寿命は、10~13歳で一般的な猫の15歳前後よりも少し短いそうです。しかし、飼い主の食事や健康の管理次第では、平均寿命をはるかに超える猫も多くいるそうです。価格は、10~20万円。

  • マンチカン

    マンチカンは、足が短いのが特徴ですが、品種改良で作られたわけではなく、アメリカで突然変異により、誕生したそうです。また、マンチカンの名前の由来は、「オズの魔法使い」に登場する小人の「マンチカン」だそうです。

    性格は、穏やかですが、好奇心旺盛で活発に動き回るそうです。また、オスはやんちゃで甘え上手で、社交的な面があるので、初めて猫を飼う人にも向いているそうです。

    平均寿命は、12歳前後だそうです。ですが、完全室内飼いをすることで、様々な危険を避けて安全に過せるので、15年以上生きる長生きな猫もいるそうです。価格は7~30万円で、マンチカンの特徴の足の短さがあまりないと、価格は安いようです。

猫の入手法方はどこから?

ペットショップから購入する

ペットショップから購入すると、手軽に猫に触れたりできるので、相性が合うのかをその場で確認できます。そして、ペットの必需品もその場で購入できるので便利です。

購入後の子猫の保障などもあるので、住んでいる地域の近くのショップで購入すると良いようです。

ブリーダーから購入する

ブリーダーから購入すると、飼育のプロであるブリーダーから、その猫の情報や特徴を多く知ることができます。

また、引き取った後も、様々なアドバイスを受けれるので安心できるそうです。そして、母猫も見学できるので、子猫の成長後の様子も予測できるようです。できるだけ飼育環境を見学させてもらいましょう。

里親になる

里親になるには、インターネットなどで検索すると、里親を募集しているサイトがあり、捨て猫の保護や支援をされています。

しかし、最近は里親団体から、里親になる条件が「単身世帯、独身男性は不可」など、厳しく制限されているそうです。

理由は、一般的に働いている男性は、家を空けることが多く、ペットの世話を疎かにしがちになる。また、独身者は引越しをする機会が多く引っ越し先がペット不可の場合があるなどですが、一番の理由は、飼い主が病気などで倒れて突然に亡くなった場合など、単身者の男性だと家族もいないため、ペットもその主人の横で死んでしまうという出来事が増えているからだそうです。

スポンサーリンク

猫のしつけ

トイレのしつけ

トイレのしつけは、犬と比べると簡単だと言われているそうです。理由は、本来猫の遺伝子には、おしっこやうんちは砂の上でする、という行動が刻み込まれているためで、1度トイレの場所を覚えてしえば、後は勝手にそこを自分専用のトイレだと認識するそうです。

爪とぎ

爪とぎは、猫の自然な行為なので、トイレと同様に習性を利用することにより、子猫のときから爪とぎの場所を覚えさせるようにすると良いそうです。

また、配線などのケーブルには、猫の嫌いな臭いがするスプレーが売っていますので、爪をとぎをされたくない場所に、前もって吹きかけることも効果があるそうです。

留守番

留守番のしつけは、猫はそのマイペースな性格上、2~3日であれば、留守番自体は平気なようです。

しかし、子猫の場合は、寂しがって飼い主を探しまわる場合のあります。やはり、安全面を考えると長期間の留守は避けたほうがいいようです。

もし、どうしても留守にする場合は、猫は汗をかいて体温調節をすることができないため、エアコンの温度を適温に調節して、キレイな水とトイレとドライフード、2~3杯を置いておくと良いそうです。

まとめ

ちなみに管理人が猫を飼うならば、アビシニアンにしようと思います。犬に近い性格で、とても甘えん坊でなつきやすい、というのが猫の可愛さと、犬のなつきやすさの両方があるのが良いですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ