確定申告の時期は2016年はいつから?医療費控除が受けられる?

確定申告時期2016年はいつからなのか、確定申告が必要な人と不必要な人の場合について説明しています。また、義務のない人も確定申告をした方が良いのかや確定申告の提出方法についても説明しています。

kakuteisinkoku2

  • 確定申告の時期は2016年はいつから?
  • 確定申告が必要な人は?
  • 確定申告が不必要な人は?
  • 義務がない人も確定申告をした方が良い?
  • 確定申告の提出方法は?

スポンサーリンク

確定申告の時期は2016年はいつから?

確定申告の時期は2016年は、2016年2月15日(月)~3月15日まで(火)の1ヶ月間だそうです。

確定申告が必要な人は?

確定申告が必要な人は、給与所得者とそれ以外の所得者だそうです。

会社から給与所得がある人の場合

  • 給与収入が2,000万円以上の人
  • 給与以外の副収入が20万円以上の人
  • 2箇所以上の複数の会社から給与を得ている人
  • 家事使用人などで給与を得て源泉徴収が行われない人
  • 同族会社の役員やその親族で、会社から地代、貸付金などの収入を得ている人
  • 退職金の「退職所得の受給に関する申告書」を提出せずに退職金を貰い、20%以下の税率で源泉徴収された人で、その額が正規の税額より少なかった人
  • 被災者で、災害免除方により税金の還付を受けた人

給与所得以外の所得者の場合

給与所得以外の所得者の場合は、以下の所得の基礎控除額が38万円を超える場合には、確定申告が必要だそうです。

  • 個人事業主や不動産のアパート経営で所得がある人
  • 年金収入がある人
  • 不動産、ゴルフ会員権などを売買して所得を得た人

確定申告が不必要な人は?

確定申告が不必要なひとは、会社に所属し給与所得を得ている従業員は、確定申告が必要ないそうです。

会社の従業員の場合

  • 会社の従業員で、会社が年末調整を行っている場合
  • 給与所得が基礎控除のみで38万円以下の人
  • 公的年金等の収入額の合計が400万円以下で、その他の所得が20万円以下の人

義務がない人も確定申告をした方が良い?

確定申告は義務がない人でも、転職などで年末調整をしていない場合は、確定申告をすることで税金が還付されることもあるそうです。

確定申告をした方が良い人

  • 給与所得者で、医療費控除、住宅取得控除、雑損控除、寄付金控除等が適用される人
  • 給与所得者で、生命保険料控除、地震保険料控除、出産控除等が発生時期により年末調整にもれがあった人
  • 給与所得者で、1年の途中で退職したり、年末調整までに再就職できなかった場合や再就職先の年末調整が間に合わなかった人
  • 予定納税をした人で、実際には所得が少なくて税金を納めすぎた人
  • 副収入で源泉徴収された場合の副収入所得が20万円以下の人
  • アルバイト先で源泉徴収をされているが、会社が年末調整をしてくれなかった人

確定申告の提出方法は?

e-tax

確定申告の提出方法は、現在の住所のある地域を管轄する税務署になるそうです。また、郵送でも受付ていますが、消印当日が提出日となるので注意が必要です。忙しくて時間のない場合は、インターネットで確定申告を提出できる「e-Tax」という便利なシステムがあるので、利用すると良いそうです。

e-Taxとは

e-Taxは、確定申告などの国税の処理を、インターネットを利用して手続きが行えるシステム

まとめ

確定申告の時期は2016年は、2016年2月15日(月)~3月15日まで(火)の1ヶ月間のようですね。

また、確定申告が必要な人、必要でない人、以外にも、義務ではありませんが、確定申告をした方が良い人もいるようですね。

給与所得者で、確定申告をすることにより、医療費控除や生命保険料の控除等が適用されるようなので、思い当たる人は、確定申告を検討するのも良いですね。

おすすめ記事
↓↓↓

独身男性の老後の資金はいくら必要?預金のコツは?

デビットカードとクレジットカードの違いは?おすすめのカードは?

定期預金をネット銀行でするリスクは?預金の4つのコツ!

過払い金で弁護士と司法書士の違いは?無料の法テラスを利用しよう!

会社を辞める時のタイミングは?ボーナス退職のコツ!

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ