会社を辞める時のタイミングは?ボーナス退職のコツ!

会社辞める時のタイミングはいつがいいのか?それとボーナス退職のコツを紹介しています。注意点もありますので、上手にボーナスを貰い退職しましょう。まず、会社の就業規則に「支給日在籍」条項があるのか確認することが大事だそうです。そして、ボーナス支給直後に退職しましょう。

会社を辞める時のタイミングは?

taisyoku

就職したら仕事は少しずつ慣れていくものだと思いがちですが、半年、1年、と仕事を続けても職場や仕事に馴染めないと感じたら、何年いてもその状況は変わりませんので転職を考えた方がいいです。

ストレスを感じながら仕事をすることは健康にもよくありませんし、会社側もその仕事に適正のある人にやってもらいたいと考えています。

あなたと会社側のミスマッチが原因なので、素早い行動を取って退職した方が両方のためになります。

スポンサーリンク

ボーナス退職のコツ

  • 就業規則を確認する
  • ボーナス直後に退職する
  • 引継はしっかりする

就業規則を確認する

会社の就業規則にボーナスの支給条件や支給額について定めがあるのか、「支給日在籍」条項があるのかを必ず確認しましょう。

「支給日在籍」条項とは

「支給日在籍」条項は「賞与は、支給日に在籍していない者には支給しない」という会社側が決めるルール。

ボーナス直後に退職する

ボーナスは会社に在籍していた期間の勤務成績などに応じて支給額が決定されたものなので、ボーナスの算定期間に会社に在籍していれば原則的に支給されます。

このようにボーナスは過去の仕事に対して支給されるものなのでボーナス直後に退職しても堂々と貰いましょう。

引継はしっかりする

taisyoku4

ボーナスの支給直後に会社を退職しても全然かまいませんが、仕事の引継ぎは「ボーナス貰い逃げ」の悪い印象を残さないためにも、しっかりやりましょう。

実際はボーナス支給後、1~2週間後に退職届を提出し、その後に十分な引き継ぎ期間、約1ヶ月程度を設けると、悪い印象は周囲に残りません。

まとめ

ボーナスは会社に在籍していた期間の勤務成績に対して支給されるものなので、退職時に貰うことは全然構わないようですね。

しかし、注意点として「支給日在籍」条項があるのかだけは、しっかり確認しておきましょう。

後、引継ぎは気持ちの問題もありますから、ストレスが溜まりどうしても我慢できない場合は、1ヶ月ではなく、1週間程度で引き継ぎを終えて早く退職しても大丈夫だと思います。

辞める会社に長くいても意味がありませんから、堂々とボーナスを貰って前を向いて次のステージに進みましょう。

おすすめ記事
↓↓↓

独身男性の老後の資金はいくら必要?預金のコツは?

年末調整の還付はいつされるの?確定申告と年末調整の違いは?

デビットカードとクレジットカードの違いは?おすすめのカードは?

定期預金をネット銀行でするリスクは?預金の4つのコツ!

過払い金で弁護士と司法書士の違いは?無料の法テラスを利用しよう!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ