一人暮らしの洗濯機のおすすめのメーカーは?4つの注意点はとは?

 一人暮らしの洗濯機のおすすめと4つの注意点を説明しています。注意点は、洗濯機置場の広さ、搬入口の高さと幅、洗濯機の容量、静音性など4つに注意して洗濯機を選びましょう。ドラム式洗濯機は人気がありますが、一人暮らしだと少し大きいようです。しかし、最近はコンパクトなタイプが発売されています。

sentakuki

一人暮らしの洗濯機のおすすめと注意点

  • 洗濯機置場の広さは?
  • 搬入口の高さと幅は?
  • 洗濯機の容量は?
  • 静音性は大丈夫か?

スポンサーリンク

洗濯機置場の広さは?

洗濯機置場の広さは、古い物件などは洗濯機置場が狭いものが多く、ドラム式などの新しい洗濯機が置けない場合があります。

購入するときは必ず、広さを測りましょう。それと、洗濯機と壁の間には、一定の距離がないといけないので、確認が必要です。

搬入口の高さと幅は?

洗濯機を搬入するときの搬入口の広さを事前に確認する必要があります。玄関から搬入する場合は、幅と高さが本体プラス10センチ余裕があるか確認し、エレベータや階段で搬入する場合も同様に、幅と高さが洗濯機プラス10センチ余裕があるか注意が必要です。

洗濯機の容量は?

洗濯機の容量は、一人暮らしの場合は、毎日大量の洗濯しないので、5kg程度の容量があれば、大丈夫だそうです。

縦型洗濯機の特徴

縦型洗濯機の特徴は、昔からあるタイプの洗濯機で、洗濯層に水を溜めて、回転させて汚れを落とします。

また、ドラム式に比べて洗濯時間が短いそうです。価格もドラム式洗濯機よりもだいぶ安く、一人暮らしには最適なようです。

ただし、水道代は水を大量に使用するため高くなります。乾燥機能も完全に乾燥するわけではなく、風で乾燥させて、干す時間を短縮する洗濯機がほとんどだそうです。

一人暮らしにおすすめの東芝の縦型洗濯機はこちら
↓↓↓

ドラム式洗濯機の特徴

ドラム式洗濯機の特徴は、ドラムの中で洗濯物を上下に落とし、叩き洗いをします。衣類も傷みにくく、水も少量ですむので、素早く乾燥させることができるそうです。

しかし、一人暮らしで使うには、基本的にドラム式洗濯機は、容量が6kg以上のため、大きすぎるそうです。

さらに、ドアを手前に開けるため、スペースが広くないと、ドアが開けられないという場合もあるので、注意が必要です。

最近のドラム式洗濯機はマンション向きのコンパクトなものもあるそうです。

一人暮らしのマンション向きにおすすめのパナソニックのコンパクトなドラム式洗濯機はこちら
↓↓↓

静音性は大丈夫か?

洗濯機には、洗濯時、脱水時、乾燥時について、音の大きさをデシベル(db)で表示しています。一般的に図書館などの静かな場所では40db程度だそうです。夜中に洗濯を使う場合が多い人などは、デシベルの大きさを考慮して購入する必要があります。

まとめ

管理人も、今度、洗濯機を購入する場合は、ドラム式洗濯機を考えていましたが、一人暮らしには、縦型洗濯機の方が良さそうですね。

しかし、最近のドラム式洗濯機にはマンション向きのコンパクトなものもあるようなので、悩みますね。

でも、スペースに余裕がないと、ドアの開け閉めができずに、そもそも使用できないので、ドラム式洗濯を購入する場合は、しっかりスペースやドアの開く方向を確認することが重要ですね。

おすすめ記事
↓↓↓

一人暮らしの冷蔵庫のおすすめと6つの注意点!最適な容量は?

一人暮らしのベッドのおすすめと5つの選び方!サイズの選び方は?

一人暮らしの掃除機のおすすめは?ロボットタイプの特徴は?

一人暮らしのカーテンの4つの選び方!色選びのポイントは?

一人暮らしの炊飯器のおすすめは?5.5合炊きで冷凍保存が便利!

スポンサーリンク



このページの先頭へ