冷蔵庫の一人暮らしのおすすめは?自炊する最適な容量と6つの注意点

一人暮らしの冷蔵庫のおすすめと6つの注意点を説明しています。冷蔵庫の容量、冷蔵庫を置くスペース、消費電力、冷凍室の大きさ、自動製氷機が付いているか、ドアの開く方向に注意することなどが重要です。ドアを開いた時に、壁にぶつからないかキッチンののコンセントの場所を確認しておくことが大事です。

スポンサーリンク

一人暮らしの冷蔵庫のおすすめと注意点

reizouko

  • 冷蔵庫の容量は?
  • 冷蔵庫を置くスペースは?
  • 消費電力に注意しよう
  • 冷凍室は大きい方が便利
  • 自動製氷機が付いているか
  • ドアの開く方向に注意する

冷蔵庫の容量は?

一人暮らしの冷蔵庫の容量は、一般的に80~200リットル程度だそうです。

自炊をあまりしない人

自炊をあまりしない人は、80リットル程度の冷蔵庫がおすすめだそうです。値段も3万円前後で場所をあまりとらないのが魅力です。

人気のコンパクト2ドア冷蔵庫はこちら
↓↓↓

毎日自炊をする人

毎日自炊をする人は、200リットル以上の冷蔵庫がおすすめだそうです。しかし、このクラスから値段も4万円以上になり、大きさも場所をとるので、置き場所のスペースも必要になります。

人気の225リットルの冷蔵庫はこちら
↓↓↓

SHARP 冷蔵庫 SJ-23A-SSHARP 冷蔵庫 SJ-23A-S

SHARP 冷蔵庫 SJ-23A-SSHARP 冷蔵庫 SJ-23A-S
価格:64,692円(税込、送料別)

冷蔵庫を置くスペースは?

冷蔵庫を置くスペースは、60×60cmが基本だそうです。2ドアの冷蔵庫の大きさの平均は、横幅が45~55cm、奥行き50~60cm、高さ90~130cmだそうです。

消費電力に注意しよう

冷蔵庫の電気代の計算方法

冷蔵庫の電気代の計算方法は、 年間消費電力×1kwhあたりの電力量の単価 = 年間電気代 で電気代の目安が計算できるようです。

一人暮らしの冷蔵庫の電気代

一人暮らしの138リットルの冷蔵庫で、年間消費電力が280kwhの場合
↓↓↓
280×25.91 = 7,254円の年間電気代がかかるそうです。

しかし、実際に冷蔵庫の年間消費電力を見ると、大型冷蔵庫の方が、年間消費電力が小さいため、電気代が安くなる場合もあるようです。

4人暮らしの455リットル冷蔵庫で、年間消費電力が220kwhの場合
↓↓↓
220×25.9 = 5,700円の年間電気代ですむようです。

スポンサーリンク

冷凍室は大きい方が便利

冷凍室は大きい方が便利だそうです。作りすぎた料理やまとめ買いした食材を冷凍保存できるので、冷凍室が大きすぎて困ることはありません。また、冷凍保存を生かすことで、食費の節約にもなります。

自動製氷機が付いているか

自動製氷機が付いているかいないかで、値段もワンランクアップするので重要です。毎晩、晩酌で家飲みする方などは、自動製氷機が付いていると便利です。

自動製氷機の製氷皿も自動で清掃できる人気の冷蔵庫はこちら
↓↓↓

ドアの開く方向に注意する

ドアの開く方向に注意することも重要です。冷蔵庫は置き場所が限られているために、設置のスペースによっては、ドアを開いたときに壁にぶつかってしまいます。しっかり確認しておきましょう。

まとめ

管理人も毎晩晩酌をするので、自動製氷機が付いているのとないのでは大違いですね。

だだし、値段もそれなりにしますので悩みますね。しかし、酒飲みの人にとってはとても便利なので、自動製氷機付きをおすすめします。

おすすめ記事
↓↓↓

一人暮らしの食費の一ヶ月の平均は?食費とガス代の4つの節約方

一人暮らしの掃除機のおすすめは?4つのタイプと正しいかけ方

一人暮らしの洗濯機のおすすめと4つの注意点!搬入口は大丈夫?

一人暮らしのベッドのおすすめと5つの選び方!サイズの選び方は?

一人暮らしのカーテンの4つの選び方!色選びのポイントは?

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ