一人暮らしの犬の飼い方は?ペット可マンションの注意点は?

一人暮らし飼い方と、しつけの4つの注意点を説明しています。

まず、ペット可マンションの注意点を説明し、次に、初心者向きの犬種を紹介しています。

そして、しつげの注意点として、トイレのしつけ、吠え癖のしつけ、噛み癖のしつけ、留守番のしつけの4点について説明しています。

スポンサーリンク

ペット可マンションの注意点

ペット可マンションの注意点は、ペット可の物件には2つのタイプがあり、1つは始めからペットと人が住みやすいように設計された物件と、2つめは入居者が集まらずに後からペット可物件へと変更された場合です。

後者は、ペットと人がいっしょに住むための設備が整っていないために、ペットの苦手な先住者がいる可能性があり、臭いや騒音などでトラブルに発展しやすいそうです。

初心者向きの犬種は

トイプードルは毛が抜け難い

トイプードルは毛が抜け難いのが特徴で、抜け毛が少ない犬種を探している方には良いそうです。

また、運動能力も高く、犬といっしょに遊びたい方にも人気があります。しかし、毛の手入れをしないと絡まってしまうので、ブラッシングはかかせませんが、トリミングで色々なカットを楽しめるのも人気の理由だそうです。

シーズーはおとなしい性格

シーズーはおとなしい性格で、昔から室内で飼われている人気の犬種です。潰れた鼻とくりくりの愛らしい目が特徴で、洋服などを着せて可愛がりたい人にはピッタリだそうです。

チワワはどこでもいっしょ

チワワは体が特に小さいので、バッグに入れれば電車移動も楽にでき、どこでもいっしょに連れて行けます。性格は遊び好きで、気も強く、しっかりしつけることが大事です。

しつけの注意点

  • トイレのしつけ
  • 吠え癖のしつけ
  • 噛み癖のしつけ
  • 留守番のしつけ

スポンサーリンク

トイレのしつけ

トイレのしつけは、犬が違い場所で排泄した場合は、叱らずに黙ってトイレの場所まで連れて行き、トイレの場所を認識させると良いそうです。

その場で叱ると、排泄行為自体を怒られたと勘違いし、飼い主の見えないところで排泄するようになる可能性があるそうです。

吠え癖のしつけ

吠え癖のしつけは、マンションなどで飼っている場合には、騒音などのトラブルに発展してしまいます。

また、散歩などで外で他の犬に遭遇した場合も、ほえ癖があると迷惑になります。吠え癖に効果的なのは、直接叱る方法ではなく、何らかの罰を与えると効果的だそうです。

犬の嫌いな臭いのスプレーを吹きかけたりして、吠えると不快になるということを覚えさせると良いそうです。そして、吠えなかったらしっかり褒めることが大切だそうです。

噛み癖のしつけ

噛み癖のしつけをしっかりしないと、家中のものを何でも噛んでボロボロにしてしまいます。子犬は好奇心旺盛で甘噛みをしますが、そのまま噛み癖のしつけをせずに大人に成長すると、噛み癖を直すのが大変なようです。

基本的な噛み癖のしつけは、噛んで良いものといけないものを区別させる必要があるそうです。また、手に犬の嫌いなタバスコなどの刺激物を塗りわざと噛ませて、手に噛み付いたら、変な味がしたなど記憶させることで、噛み癖が直ることもあるそうです。

しかし、噛み癖は他の人にも迷惑がかかる行為なので、酷い場合は専用のドッグトレーナーに頼むことも考えた方が良いそうです。

留守番のしつけ

留守番のしつけは、広めのサークルを用意して、その中にベッド、トイレ、ドッグフード、水、おもちゃ、を入れておくと良いそうです。

そして、ベッド以外はトイレシートで覆い、フードの器や水の容器などは、重量が重く犬が踏んでもひっくり返らないものが良いそうです。そして、サークルに犬を入れて、おもちゃで遊んでいる最中などに、声をかけずに黙って外出することが大事だそうです。

留守番の得意な犬はチワワで、性格がマイペースで独立心が高いため、長時間の留守番でも大丈夫だそうです。

まとめ

管理人が犬を飼うとしたら、候補は断然チワワですね。チワワは小さいわりに独立心が強く、長時間の留守番も得意なようなので、おすすめですね。

そして、何と言ってもあの愛くるしい大きな瞳で見つめられるとたまらなく可愛いですよね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ