一人暮らしのインテリアのコーディネートの実例は?壁の色が基本?

一人暮らしのインテリアのコーディネートの実例を説明しています。まず、壁の色が基本だそうです。そして、無駄な家具を買わないようにしましょう。ブラウン系、ホワイト系、ナチュラル系のコーディネート方法も紹介しています。家電の色なども、部屋の印象が変わるので、色選びは重要ですね。

heya

  • 壁の色が基本
  • 無駄な家具を買わない
  • ブラウン系コーディネート
  • ホワイト系コーディネート
  • ナチュラル系コーディネート

スポンサーリンク

壁の色が基本

部屋のインテリアのコーディネート方法は壁の色に合わせることが基本で、一人暮らしの狭い部屋でも広く見せることができるそうです。

そして、インテリアを部屋の壁の色に合わせることで、部屋の印象がすっきりし、家具を同系色にすることでも、部屋が広く見えるそうです。

また、冷蔵庫、洗濯機などの家電やカーテン、ベッドカバー、ラグなどの色も部屋の印象を大きく変えるので、壁の色に合わせて購入すると良いそうです。

無駄な家具を買わない

家具は最初、必要最低限のなものを用意し、無駄なものを買わないことが大事だそうです。

まずは、実家にある使えそうな家具を持ってきて、その後、生活のペースがつかめてきたら、実際に必要なものを少しずつ買っていき、邪魔になったものを処分していくと無駄なものを買わずにすみ、お金の節約にもなるそうです。

ブラウン系コーディネート

buraun

家具などをブラウン系でコーディネートすると、落ち着いた部屋の雰囲気になり、クッションなどの色をグリーン系にすると、レトロ感がアップするそうです。

ホワイト系コーディネート

white

ホワイト系コーディネートは、すっきりした部屋の印象になり、家具などの色を黒にすることで、男性らしい部屋になるそうです。また、家具の色をホワイト系で統一すると、清潔感を与え部屋も広く見せることができるそうです。

ナチュラル系コーディネート

heya3

部屋の色を淡い色で統一したり、家具などを木の素材感を生かしたものにしたりするとナチュラルな雰囲気の部屋になるそうです。また、家具を白やベージュで統一したり、シーツやクッションの柄を花柄にすることで、女性らしい部屋になるそうです。

まとめ

一人暮らしのインテリアのコーディネートの基本は、壁の色と合わせることが大事なようですね。

また、コーディネートのことを考えて電化製品や家具を買う時には製品の色にも注意したいですね。

ちなみに、管理が今度引っ越しをする時は、部屋のコーディネートを自由にしたいので、広く使える1LDKの部屋を探そうと思っています。しかし、調べてみたところ1DKの物件はたくさんありますが、1LDKの物件は意外と少ないようですね。

おすすめ記事
↓↓↓

一人暮らしの電気代の冬の平均は?エアコンの暖房の設定温度は?

一人暮らしの冷蔵庫のおすすめと6つの注意点!最適な容量は?

一人暮らしの洗濯機のおすすめと4つの注意点!搬入口は大丈夫?

一人暮らしのベッドのおすすめと5つの選び方!サイズの選び方は?

一人暮らしの電気代の冬の平均は?エアコンの暖房の設定温度は?

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ