一人暮らしのベッドのおすすめ5つは?サイズは部屋の広さに合わせる

一人暮らしのベッドのおすすめと5つの選び方を説明しています。まず、ベッドのサイズの選び方を説明し、おすすめのベッドとして、折りたたみベッド、ソファベッド、コンセント付きベッド、リクライニング機能付きベッドをそれぞれ紹介しています。高齢者にはベッドで食事ができるリクライニング機能付ベッドがおすすめです。

bed

一人暮らしのベッドのおすすめと選び方

  • ベッドのサイズの選び方
  • 折りたたみベッド
  • ソファベッド
  • コンセント付きベッド
  • リクライニング機能付きベッド

スポンサーリンク

ベッドのサイズの選び方

ベッドのサイズの選び方は、一般的なサイズは、セミシングル、シングル、セミダブルの3つのサイズで、セミシングルは、80~85センチで、小柄な女性や子供向け、シングルは、97~100センチで、一般的なサイズ、セミダブルは、120センチで大きめのサイズとなっているそうです。

6畳の部屋の場合

6畳の部屋の場合は、スペースが広くないので、シングルのベッドが最適だそうです。普段はソファとして使えるソファベッドや、折りたたみベッドが人気があるそうです。

8畳の部屋の場合

8畳の部屋の場合は、少しゆとりのあるセミダブルのベッドでも大丈夫だそうです。また、シングルサイズのベッドなら、部屋にソファを置いても良いそうです。

10畳の部屋の場合

10畳の部屋の場合は、部屋の広さも十分あるので、セミダブルが最適だそうです。この広さだと、ベッド以外に他のインテリアリアも置けるのでレイアウトを自由に楽しめるそうです。

折りたたみベッド

折りたたみベッドは一人暮らしで一番人気があります。急な来客にも、折りたたんで部屋を広く見せることができます。

また、布団を敷いて使用している場合は、そのまま折りたたんで布団干しにもなり便利です。しかし、キャスターが付いていますので、フローリングなどに置く場合は、傷防止テープなどを貼り、床に傷がつかないように注意が必要です。

一人暮らしに人気の折りたたみベッドはこちら
↓↓↓

ソファベッド

ソファベッドは、ソファとして座ったり、ベッドして寝たりできるので、部屋のスペースが狭いワンルームの一人暮らしに最適だそうです。

また、ソファベッドのカバーは外せて、中のウレタンを取り替えることができるものを選べば、長期間使用できるそうです。

一人暮らしに人気のソファベッドはこちら
↓↓↓

コンセント付きベッド

コンセント付きベッドは、ベッドのヘッド部分にものを置けるスペースがあり、コンセントが付いていて便利です。

携帯電話を充電したり、証明器具を置いて、就寝前の読書にも最適です。

一人暮らしに人気のコンセント付きベッドはこちら
↓↓↓

リクライニング機能付きベッド

リクライニング機能付きベッドは、普段は横になりソファとして使えたり、就寝時にはそのまま倒すだけなので、便利です。

また、高齢者の一人暮らしの方などは、そのまま食時をしたり、テレビ等もベッドに座りながら見れるので、最適です。

一人暮らしに人気のリクライニング機能付きベッドはこちら
↓↓↓

まとめ

管理人は、ベッドに低反発マットレスを敷いていますが、腰痛にも優しく、快適に眠れておすすめです。

また、コンセント付きのベッドを使用していますが、携帯電話も枕元で手軽に充電でき、とても便利です。寝る前に読書をしたい人にも、おすすめします。

おすすめ記事

↓↓↓

一人暮らしの洗濯機のおすすめと4つの注意点!搬入口は大丈夫?

一人暮らしの冷蔵庫のおすすめと6つの注意点!最適な容量は?

一人暮らしの掃除機のおすすめは?ロボットタイプの特徴は?

一人暮らしのカーテンの4つの選び方!色選びのポイントは?

一人暮らしに電子レンジが必要な理由!食材の冷凍保存を解凍する

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ