一人暮らしで朝に起きれない原因は?朝起きるための3つの方法!

一人暮らしを始めると、起こしてくれる人がいなくなるので、朝がとても大変になりますよね。難なく起きることが出来る人は良いですが、どうしても朝が弱いという方も多いと思います。今回は、朝起きれない原因と、起きるための方法を紹介しています。

スポンサーリンク

起きれない原因

一人暮らし 朝 起きれない1

朝どうしても起きることができない原因は、いろいろ考えられますが、可能性が高いものを紹介します。

睡眠時間に違いがある

仕事の都合などで、平日は睡眠時間が短くなってしまい、その不足した睡眠時間を補うため休日にまとめて睡眠を取ってしまう方もいらっしゃると思います。

もちろん、毎日の睡眠時間が短いのは体によくありませんが、日によって睡眠時間が違い過ぎると体内時計が狂ってしまい、朝起きるのが辛くなります。平日と休日の睡眠時間の差は2時間以内が理想的です。

低血圧

低血圧の方は朝に弱いとよく言われていますが、これは本当です。まず、低血圧とは、最高血圧が100以下の状態の人のことを言います。低血圧の方は、血液が上手く循環しないため、体のだるさ、頭痛、めまいなどの症状があります。

また、朝起きるためにはアドレナリンとノルアドレナリンという物質が分泌されます。低血圧の方は、この2つの物質の物質が分泌されるスピードが遅い傾向にあるため、寝起きが悪くなってしまいます。

セロトニンの不足

精神を安定させるホルモンである、セロトニンは朝の覚醒を促します。このセロトニンが朝になっても増加しないことによって朝の目覚めが悪くなります。

朝起きるためには

  • 体内のリズムを改善する
  • 低血圧の改善
  • 目覚ましを工夫する

体内のリズムを改善する

まず、出来る限り寝る時間と起きる時間を規則化することです。日によって睡眠時間に違いがありすぎると、体内時計が狂ってしまうからです。規則的な睡眠時間をとるのが難しい場合もあると思います。

そういう時は、次の方法で体内時計を正常に戻すことが出来ます。まず、起きたらカーテンを開け朝日を浴びる。毎朝しっかり朝食を食べる。そして、メラトニンを摂取することです。

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれており、自然な眠りを誘い、体内時計の調整をしてくれます。また、メラトニンはバナナ、クルミ、トウモロコシ、米に含まれている他、サプリメントでも摂取できます。こうして体内のリズムを改善することで、質の良い睡眠をとることが出来、朝起きやすくなります。

スポンサーリンク

低血圧の改善

低血圧の方は、血圧を改善することで、朝起きるようになることもあります。一日きちんと3食取るようにして、煙草、お酒を控える、適度な運動をする、肩こりを解消する、などで血圧が改善されます。

目覚ましを工夫する

一人暮らし 朝 起きれない2

ユニークな目覚ましアプリが多数あります。例えば、画面を連続でタップしないと止まらないものや、眠りが浅いレム睡眠の状態のタイミングでアラームが鳴るものがあります。

こういった目覚ましアプリを活用することで起きることが出来るようになります。また、単純に音の大きい目覚まし時計を使うのも良いと思います。

まとめ

朝起きられるようにするために即効性があるのは、やはり目覚ましを工夫することだと思います。いくつか試してみて一番自分に合ったものを探すのが良いと思います。

長期的にみると、体質の改善をすることで徐々に朝起きることが出来るようになります。

おすすめ記事

夜に寝れないそして昼に眠い時の原因は?生活リズムの3つの改善法!

尿の回数が多い時の病気は?夜に頻繁にトイレに行くので寝れない

二度寝を防止する5つの方法!朝に勉強する習慣をつけよう

睡眠は何時間とるとすっきり起きれるの?レム睡眠とノンレム睡眠

眠気を覚ます6つ方法!仕事中の昼食後は仮眠をとり効率を上げよう!

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ