一人でも趣味を楽しめる4つのアウトドア!一人バーベキューとは?

一人でも趣味を楽しめる4つのアウトドアを紹介しています。一人バーベキューを楽しんだり、サイクリングを楽しんだり、登山を楽しんだり、釣りを楽しむと一人でもアウトドアが楽しめます。最近は、一人用のバーベキューセットもあるので、気軽に楽しむことができますね。

スポンサーリンク

  • 一人バーベキューを楽しむ
  • サイクリングを楽しむ
  • 登山を楽しむ
  • 釣りを楽しむ

一人バーベキューを楽しむ

一人バーベキューの良いところは、とにかく気楽に外の空気を吸いながら、好きなものをストレスも感じずに食べらることだそうです。今では、一人用のバーベキューセットもあるので、気軽に楽しむことができるそうです。

場所選び

一人バーベキューの場所選びは、コンロなどを全てレンタルできるところもあるそうですが、持込の場合は、使い捨てのバーベキューコンロなどを購入すると便利だそうです。

また、自宅のベランダなどは匂いで苦情が来る場合があるので避けましょう。バーベキューが禁止されていない、近くの河川敷あたりが良いそうです。

必要なバーベキュー用品

バーベキュー用品
バーベキューコンロ

バーベキューコンロは、ホームセンターなどで、2.000~3,000円前後で買えて、焼き網や鉄板もだいたいついているそうです。

konro

木炭

バーベキューコンロの燃料となる木炭は必需品ですが、安いものだと1箱3キロで300円前後で買えるそうです。また、備長炭を使うと、より美味しく焼けるそうです。

mokutan

着火剤 着火剤を使うことで、火が付き難い木炭に楽に着火できるそうです。また、予備の着火剤を用意することで、途中に火が弱まっても直ぐ対処できるので、便利だそうです。

tyaka

バーベキュートング

バーベキュートングは、火のついた木炭をいじるために必需品で、長めのものでも大丈夫だそうです。

tong

チャッカマン

チャッカマンがあると、マッチよりも楽に火をつけられるので便利です。最近では、木炭に直接ガスバーナーで火つけるスタイルの人も多いそうです。

tyakaman

★人気の1人用の折りたたみバーベキューグリルはこちら
↓↓↓

 

サイクリングを楽しむ

サイクリングは、有酸素運動にもなり、エコな乗り物としても非常に注目されているそうです。また、スピード感があり、常に風を感じて、爽快感も得られるので、ストレス解消にもなり、人気があります。

ヘルメットと自転車があれば、山道をマウンテンバイクで走ったり、サーキットをロードレーサーで走ることもできます。

スポンサーリンク

自転車選び

自転車選びは、ショップの人と目的に合った自転車を相談すると良いようです。予算の目安は、自転車が20,000円程度からで、ヘルメットは、5,000円程度だそうです。

登山を楽しむ

登山は、初心者から上級者までレベルに合わせて楽しめるそうです。また、装備品も軽量化が進み、今では若い人から高齢者まで誰でも楽しめる趣味として人気があるそうです。

しかし、登山は事故が多いので、初心者は、経験者と簡単な日帰りコースから初めると良いそうです。

必要な装備

必要な装備は、最低限でも登山用のリュックサックと登山用の靴は用意した方が良いそうです。予算は、20,000程度で揃えられるそうです。

釣りを楽しむ

釣りは、川釣りや海釣りなど、狙う魚によって場所や道具も異なりまが、一番手軽に利用できる釣堀や管理釣り場などで始めるのも良いそうです。

必要な道具

必要な道具は、釣竿、釣り糸、リール、クーラーボックス、エサなどで、予算は、道具代に15,000円程度かかり、管理釣り場は、1日で5,000円程度で楽しめるそうです。

まとめ

一人バーベキューは、庭がある家だと完璧ですが、やはり近くのバーベキュー可能の河川敷あたりを探すのが良いようですね。

もし、そういう場所がないようであれば、サイクリングがおすすめですね。有酸素運動にもなりますし、自然の風を気持ちよく浴びて、爽快感を味わいながらストレスの発散にもなるので良いですね。

おすすめ記事
↓↓↓

休日が暇で友達もいない時の5つの対策!一人カラオケに行く

もみじの盆栽の8つの育て方!お部屋のインテリアとして人気

紅葉を楽しめる埼玉の穴場は?7つの場所を紹介!

松茸の国産品と輸入品の違い,人気の松茸輸入国ランキング!

京都の紅葉で2015年のライトアップが綺麗な3つの場所!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ