引越しの荷造りのコツ!一人暮らしの場合は宅急便を使うと安いの?

引越しの荷造りのコツについて説明しています。まず、ダンボールや梱包材などを用意しましょう。そして、荷物が少ない場合は宅急便を使うといいそうです。また、引越しで宅急便を使う判断基準を説明しています。粗大ごみは、市町村の粗大ごみ受付センターを使い、粗大ごみ受付センターの予約は早めにすることが大事です。

nidukuri

  • ダンボールや梱包材などを用意する
  • 荷物が少ない場合は宅急便を使う
  • 引越しで宅急便を使う判断基準は?
  • 市町村の粗大ごみ受付センターを使う
  • 粗大ごみ受付センターの予約は早めにする

スポンサーリンク

ダンボールや梱包材などを用意する

ダンボールや梱包材は、引越し業者の引越し単身パックを利用すると用意してくれるのが一般的ですが、自分の車かレンタカーを借りて引越しする場合は、ダンボールや梱包材を用意する必要があるそうです。

また、無料で手に入れる方法は、スーパーなどでいらなくなったダンボールを貰ってくる方法がありますが、サイズもバラバラで強度も心配なので、ダンボール販売業者から購入した方が良いそうです。

値段は引越しセットの場合で、ダンボールが小、中、大の計10枚とプチプチやクラフトテープがついて3000円台からあるそうです。

荷物が少ない場合は宅急便を使う

大学進学や就職なので一人暮らしをするために実家から引っ越す場合は、大きいベッドなどや冷蔵後、洗濯機などの電化製品は引越し先で購入する人がほとんどなので、荷物もダンボールだけですむ場合が多いそうです。

この場合は、引越し業者に頼むよりも宅急便で荷物を送ったほうが安いそうです。

引越しで宅急便を使う判断基準は?

引越しで宅急便を使う判断基準は、荷物をドライバーが一人で運べるかどうかだそうです。

また、しっかりダンボールなどで梱包できていれば、テレビなどの家電製品も宅急便で送れるそうです。

しかし、自分でしっかり梱包できるか不安な方は、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便を利用すると、家具の分解や組み立てをそれぞれ、3000円~からやってくれるそうなので利用すると良いそうです。

市町村の粗大ごみ受付センターを使う

粗大ごみを処分するには、自分の車やレンタカーでリサイクル業者に買い取って貰うのが一番良い方法ですが、一般的には、引越し業者や回収業者に頼む人が多いそうです。

しかし、粗大ごみの数が多いと数万円単位の出費が必要になるそうです。なので、安く粗大ごみを処分する方法は、市町村が行っている「粗大ごみ受付センター」を利用すると粗大ごみ1つあたり数百円から処分してくれるので良いそうです。

粗大ごみ受付センターの予約は早めにする

yoyaku

粗大ごみ受付センターを使うと費用面で安いために利用する人も多く引越しのシーズンになると、1ヶ月先まで収集日の予約が決まっている場合があるそうです。

また、家電リサイクルが適用される、エアコン、テレビ、冷蔵庫、パソコンなどは回収してもらえないので、民間の回収業者に依頼する必要があるそうです。

なので、早めに粗大ごみのリストを作り、リサイクルショップで換金する家電や粗大ごみセンターで処分するものを分けて、粗大ごみセンターで処分する場合は、早めに予約をしておくことが大事だそうです。

まとめ

一人暮らしで実家から引っ越す場合は、荷物が少ないので引越し業者に頼むよりも、宅急便で荷物を送ったほうが安くすみそうでね。

また、粗大ごみを処分する場合は粗大ごみ予約センターを利用するのが、費用面では一番安いですが、その分、引越しシーズンでは予約が殺到するようなので、粗大ごみリストを作って早めに予約をするように注意したいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

引越しで使う一人暮らしのダンボールの数は?正しい組み立て方は?

一人暮らしの引越しの費用の相場は?3社の単身パック料金を比較

引越しの挨拶は一人暮らしに必要?居留守を使っても大丈夫?

自治会に入らない場合のデメリットは?断り方は?

賃貸の部屋探しの3つのポイントと物件見学時の注意点!

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ