一人暮らしの引越しでダンボールは何箱使うの?正しい組み立て方は?

一人暮らし引越しダンボール何箱使うのか説明しています。また、引越し業者を使わずにダンボールを手に入れる方法も紹介し、ダンボール業者の引越しダンボールセットの値段につても調べました。最後に、ダンボールの正しい組み立て方を紹介しています。

danbool

  • 一人暮らしの引越しでダンボールは何箱使うの?
  • 引越し業者を使わずにダンボールを手に入れる方法
  • ダンボール業者の引越しダンボールセットの値段は?
  • ダンボールの正しい組み立て方

スポンサーリンク

引越しの一人暮らしで使うダンボールの数

引越しの一人暮らしで使うダンボールの数の平均は約10~15枚程度だそうです。これは、引越し業者の単身引越しパックの枚数と同じくらいだそうです。

しかし、女性の一人暮らしの場合は、洋服、バッグ、靴などが多いため、この平均枚数を超える場合もあるそうです。

引越し業者を使わずにダンボールを手に入れる方法

自分でレンタカーを借りて、引越し業者を使わずに引越しをする場合は、ダンボールを手に入れる必要があります。

この場合は、スーパーなどで、お客様が自由に持って帰れる使用済みのダンボールがコンテナに詰まれているので、料無で使用できたり、別途ダンボール販売会社からダンボールを購入する必要があるそうです。

ダンボール業者の引越しダンボールセットの値段は?

ダンボール業者でダンボールを購入し、単身で引っ越す時のダンボールの値段は、「ダンボールワン」の引越しダンボールセットを利用すると、ダンボール小×3枚、中×5枚、大×2枚、梱包材のプチプチとクラフトテープもセットで3700円(税込み)からあるそうです。また、送料は工場直送のため無料だそうです。(沖縄、離島は除く)

ダンボールの正しい組み立て方

kumitate

1.ダンボールの裏面にテープを張る。

2.裏面にテープをクロスさせるように張り補強する。

3.荷物を入れたら上面にテープを張る。この時、引越し先で直ぐ剥がしやすいようにテープをクロスさせない。

ダンボールの間違った組み立て方

matigai

ダンボールを組み立てる時に、裏面や表裏をクロスさせて閉じると底が抜ける恐れがあり、大変危険で事故の元になるそうです。また、クロスさせた上からガムテープを張っても補強にならないので止めましょう。

まとめ

一人暮らしの引越しで使うダンボールの数は平均で10~15枚程度のようですね。これは引越し業者の一般的な単身引越しパックで間に合う充分な枚数のようですね。

ただし、自分でレンタカーで引越しをする場合は、ダンボール業者の引越しダンボールセットを利用すると、ダンボール小、中、大、が計10枚と梱包材とクラフトテープがセットで3700円からあるので利用するのも良いですね。

そして、ダンボールを組み立てる時に注意することは、裏面や表面をクロスして組み立てるのは大変危険で事故の元になるので絶対に止めましょう。

おすすめ記事
↓↓↓

一人暮らしの引越しの費用の相場は?3社の単身パック料金を比較

一人暮らしの賃貸の選び方と部屋のチェック方法!家賃の目安は?

引越しの挨拶は一人暮らしに必要?居留守を使っても大丈夫?

一人暮らしの犬の飼い方は?ペット可マンションの注意点は?

自治会に入らない場合のデメリットは?断り方は?

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ