引越しの挨拶は一人暮らしの女性に必要?居留守を使っても大丈夫?

引越し挨拶一人暮らしに必要なのか、居留守を使っても大丈夫な場合を説明しています。インターフォン鳴らず人は、宅配便のドライバー、営業のセールスマン、宗教の勧誘、新聞の勧誘、NHKの勧誘が考えられます。この中で応対が必要なのは、宅配便のドライバーくらいですが、最近は、宅配便のドライバーを装って勧誘する業者もいます。

引越しの挨拶は一人暮らしの女性に必要?

aisatu

最近は、近所づきあいが少ないので、引越ししても挨拶をしない人が半数以上にも上るそうです。特に女性の一人暮らしでは、防犯面などを考慮して挨拶をしない人が多いそうです。

また、挨拶をすることで、一人暮らしであることが分かってしまい、ストーカーの被害にあったりするケースも増えているそうです。

スポンサーリンク

居留守をっても大丈夫?

最近は、インターフォンが鳴っても居留守を使う人が増えているそうです。一般的にインターフォンを鳴らす外部の人間は、宅配便のドライバー、営業のセールスマン、宗教の勧誘、新聞の勧誘、NHKの勧誘、が考えられますね。

  • 宅配便のドライバー
  • 営業のセールスマン
  • 宗教の勧誘
  • 新聞の勧誘
  • NHKの勧誘

宅配便のドライバー

takuhaibin

宅配便のドライバーは、居留守を使わなくてもよさそうですが、荷物を頼んだ覚えがないのに、宅配便の配達がきたという場合には、偽の宅配便を装っている場合もあるそうです。画面付きインターフォンがある場合は、しっかりと確認しましょう。

また、最近のマンションなどは、宅配ボックスがある物件があるので、自分で頼んだ宅配便で、インターフォンに出られない場合でも、荷物を受け取れるので安心です。

宅配ボックスとは

宅配ボックスは、最近の比較的新しいマンションにある共用施設で、留守中でも宅配便の荷物を受け取れる。

営業のセールスマン

営業のセールスマンの場合は、居留守を使うのがあたりまえです。もし、ドアの外から「居るのは分かっている」などと言われた場合は、脅迫罪になりますので、直ぐに警察に通報しましょう。

宗教の勧誘

宗教の勧誘の場合は、居留守を使うのがあたりまえですが、何回もしつこく来られるときは、インターフォン越しに「既に他の宗教に入っています」などと言えば、来なくなる場合があるそうです。

新聞の勧誘

新聞の勧誘の場合は、ガラの悪い人がいるので、注意が必要です。居留守を使うのはいいですが、中には居座ってなかなか帰らない場合もあります。

明確に「帰れ」という意思表示をしても、帰らないときは、不退去罪と言う罪になるそうなので、遠慮なく警察に通報しましょう。

NHKの勧誘

NHK

NHKの勧誘の場合は、居留守を使うのが効果がありますが、夜間、明かりが点いている家を狙って訪問して来る場合があるそうです。

しかし、このような場合でも、ドアをあける必要はなく、どうしても仕方がない場合は、ドア越しで会話をしましょう。そして、契約した覚えがないならば明確に受信料を払う意思がないことをはっきりと伝えましょう。

まとめ

管理人は、以前アパートで一人暮らしをしていた頃に、まさに、見た目からしてもガラの悪い新聞の勧誘が来たことがあります。その時は、ドアを少し開けた瞬間に、足をドアの隙間から入れられてしまいました。

ドアチェーンをしていたので、部屋には入られませんでしたが、本当にガラの悪い新聞の勧誘でした。なので、知っている人以外は絶対にドアを開けてはいけません!!堂々と居留守を使いましょう。

しかし、できればオートロックや画面付きインターフォン、宅配ボックスの設備があるマンションに住みたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

一人暮らしのソファのオススメは?ソファのサイズと色の選び方

一人暮らしの炊飯器のおすすめは?5.5合炊きで冷凍保存が便利!

一人暮らしのテーブルの最適な大きさは?軽量だと引越しが楽!

一人暮らしのカーテンの4つの選び方!色選びのポイントは?

一人暮らしの掃除機のおすすめは?ロボットタイプの特徴は?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ