引っ越しの挨拶でアパートは必要なの?女性は挨拶をしないのが普通?

引っ越しの挨拶でアパートは必要なのか説明しています。

また、一人暮らしのワンルームに挨拶は必要なのかや女性は挨拶をしないのが普通なのかにつていも紹介しています。

そして、挨拶に行くベストなタイミングは何時頃なのか説明し、最後に、大家さんへの挨拶品は少し高めのもが良いということを紹介しています。女性は挨拶は控えましょう。

スポンサーリンク

引っ越しの挨拶でアパートは必要なの?

%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%b6%8a%e3%81%97-%e6%8c%a8%e6%8b%b6-%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88-%e5%bf%85%e8%a6%811

はっきり言って、引っ越しご挨拶に行きたいと考えても、抵抗を覚えてしまうケースもあります。

例えば、安全面の問題または先方との距離間を心配しているというようなケースではないでしょうか?

引っ越しの挨拶をどういう感じで考えて判断すればいいのか、基準を定めてみましょう。

引っ越しの挨拶をした方がいい場合

  • ファミリー層の住人
  • 学生専用、女性専用の集合アパート
  • 向こうからよく挨拶をされる

引っ越しの挨拶を遠慮した方がいい場合

  • 郵便受けに郵便物が溜まっている
  • 住人が視線を合わさない
  • 不在の傾向が高い家が多くある
  • 住人のタイプ(属性)が不明

一人暮らしのワンルームに挨拶は必要?

一般的に独身の方がワンルームというような一人暮らし用のマンションに引越してもほとんどの方は、引越しの挨拶をしていないとのことです。

以前から入居をしている方も今の世の中では、引越しの挨拶にやって来ない事をかえって歓迎しているそうです。

ご存じかもしれませんが、今の時代は犯罪防止またはプライバシーの保護の視点からドアに表札を掲げない、また郵便受けにも名前を表示しない方が急増しています。

この理由は、挨拶を行なってしまうことで、お互いのプライベート情報が明らかになってしまうからで、挨拶をしないのことが最近の大多数を占めているそうです。

女性は挨拶をしないのが普通?

最近の常識として、独り身の女性の引越しにおいて、引越しの挨拶をしないことが近年の流れのようです。

当然のことながら、女性が挨拶に出向くことは、「一人暮らしの女性」が住みはじめるという事実を触れ回っているみたいなものです。

なので、女性を狙った犯罪にまきこまれないようにするには、引越しの挨拶はしないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

挨拶に行くベストなタイミングは?

当然のことながら、挨拶に訪問する時間帯で最適と言われているのが、明るい時間帯とされる11時~18時だそうです。

ですが、お昼ごはん時やばん御飯時なども、ドア先の方まで来てもらうことで、手間を取らせてしまうので、その時間帯は控えることを心がけましょう。

その一方で、全部のご家庭が11時~18時に在宅していらっしゃるというものではないですし、どうしても夜間にしか在宅してないご家族もおられます。

一般的にその場合は、家の電気がついているときを見計らって訪ねるようにすると良いいでしょう。とは言っても、電気がついているからといって真夜中に訪ねるのはマナー違反だと言えます。

常識的な時間内にタイミングを見計らい、挨拶することをおすすめします。

大家さんへの挨拶品は少し高めのもが良い

%e5%bc%95%e3%81%a3%e8%b6%8a%e3%81%97-%e6%8c%a8%e6%8b%b6-%e3%82%a2%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88-%e5%bf%85%e8%a6%812

気になるとなり近所に対しての挨拶で肝心の挨拶品は、食料品や洗剤などといった消耗品、タオルなどが好評です。

相場は500円~1,000円あたりと安めで、それほど高い価格のものは贈らないのが普通です。

とは言っても、賃貸住宅の大家さんに挨拶品を贈るならば、ほんの少しやや高めの2,000円程度にすると良ようです。

気をつけることは、挨拶品は荷造りなどがスタートすると忘れ気味になってしまうため、時間の余裕のあるうちに支度をしておいたほうがいいでそうです。

近年は大規模スーパーだけに限らず、インターネットショッピングの場合にも熨斗(のし)のサービスを使用することができるとのことなので、手間を掛けることなく準備することが可能ですね。

まとめ

やはり、現在では防犯面を考えて、特に女性の独身で一人暮らしの場合は、挨拶は控えた方がいいようですね。

しかし、家族連れの家庭の場合は、お子さんが小さい時などは、泣き声などで隣近所に迷惑をかける恐れがあるので、挨拶はしておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク



このページの先頭へ