松茸の国産品と輸入品の違いは?人気の松茸輸入国ランキング!

松茸国産品輸入品違いを説明しています。まず、松茸を多く輸入している国をランキング形式で紹介しています。そして、中国産松茸の特徴、アメリカ・カナダ産松茸の特徴、トルコ・モロッコ産松茸の特徴、メキシコ産松茸の特徴、韓国産松茸の特徴、ブータン産松茸の特徴をそれぞれ紹介しています。

スポンサーリンク

松茸を多く輸入している国は?

松茸を一番多く輸入している国は、やはり中国ですね。そして最近では、ブータンの松茸も輸入が始まり人気が出てきているそうです。

人気の松茸輸入国ランキング

  1. 中国

    775トン

  2. アメリカ

    214トン

  3. カナダ

    173トン

  4. トルコ

    27トン

  5. メキシコ

    17トン

  6. 韓国

    12トン

  7. モロッコ

    3トン

  8. ブータン

    1トン

輸入先ランキングでは中国が2位のアメリカの大きく引き離し第1位ですね。

松茸は「生鮮食品」のために、美味しく食べるには、収穫してから出来るだけ早く食べられるのかが重要だそうです。そのために近隣国の中国からの輸入量が一番多いそうです。

スポンサーリンク

中国産松茸の特徴は?

中国産の松茸はこちら
↓↓↓

 

中国産の松茸の特徴は「臭い」だそうです。理由は、輸入する間に松茸の香りが抜けてしまい、それをごまかすために人口香味料などを使ってスーパーに出回っているそうです。

中国産と国産の見分け方は、スーパーであれば、産地が表記されているので分かりますが、頂き物の場合は、まず、あの香りの良いニオイがすることと、次に松茸の「かさ」が開いているかどうかだそうです。

「かさ」が開いている松茸は、通常よりも香りの抜けるスピードが早く輸入品としてはあまり扱われないそうです。かさが開いて、良い香りがすれば、ほぼ間違いなく国産だと思っていいそうです。

アメリカ・カナダ産松茸の特徴は?

アメリカ・カナダ産松茸はこちら
↓↓↓

 

国産より寸銅で大きく別の種類のため「アメリカ松茸」と呼ばれているそうです。色はマッシュルームに近く白いそうです。安価で味も香りも国産と変わらないため、好んで食べる人もいるそうです。肉厚なので松茸ご飯や天ぷらにすると美味しいそうです。しかし、日本まで長距離で航空便で輸送するために、燃料費の相場の影響を受けやすく、価格が毎年、安定しないそうです。

トルコ・モロッコ産松茸の特徴は?

トルコ・モロッコ産松茸はこちら
↓↓↓

 

トルコ・モロッコ産松茸は「レバノン杉」という希少な木の根元に生えていて、地中海地方特有の乾燥した気候と土壌という環境で育つために松茸も水分を吸収せず、水分量の少ないシャキっとした歯ざわりを楽しめるそうです。香りもしっかり「松茸らしい」香りがするそうです。

メキシコ産松茸の特徴は?

メキシコ産松茸はこちら
↓↓↓

メキシコ産松茸は「中国」、「韓国」産よりも、見た目、味、食感、香りが国産に近いといわれているそうです。メキシコ産松茸は厳密な生産管理をしていて、環境に配慮し、松茸が乱獲されたり、品質が落ちるのを防ぐために、収穫期間や日数、重量などの収穫数を制限し、地域によっては収穫者全員に研修を行うなど、品質管理が徹底されているそうです。

韓国産松茸の特徴は?

韓国産松茸はこちら
↓↓↓

韓国産松茸は香りが良く国産松茸に最も近いといわれているそうです。その理由は鮮度と産地とされていて、山が綺麗で水も清い大自然の洗浄地域で、荒々しい海風に耐えて育つ「黄金松茸」と呼ばれているそうです。

ブータン産松茸の特徴は?

ブータン産松茸はこちら
↓↓↓

 

ブータン産松茸は輸入品の割合がまだ少ないために、日本への安定供給はまだ実現されていないそうですが、気候が日本によく似ていて、松茸の産地は2200m~3500mと比較的標高の高い場所のために、虫に食われることもほとんど無く、薬品なども一切使用していないので残留農薬などの心配もなく、安心して食べられるそうです。

まとめ

中国人や韓国人はその独特なニオイから松茸を食べる習慣が無かったそうですが、日本での市場価値の高さを知って、10年ほど前から食べられるようになったそうです。

松茸の外国産が安いのは採取してからの時間が経っているからで、海外産でも採れたての松茸は日本のものと比べても変わらないほどの香りがするそうです。やはり外国産の松茸を選ぶ時はどれだけ輸送時間がかかるのかが重要ですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ