独身男性の老後の資金はいくら必要?預金のコツは積立預金?

独身男性老後資金はいくら必要なのか説明しています。まず、賃貸か持ち家かで違います。さらに、自営業者とサラリーマンでも違い、子供がいない分お金が溜まるのかや、独身で40歳以上の場合や実際の預金額についても紹介しています。最後に、貯金のコツについて紹介しています。

スポンサーリンク

独身男性の老後の資金はいくら必要?

  • 賃貸か持ち家か
  • 自営業者とサラリーマンとの違い
  • 子供がいない分お金が溜まる?
  • 独身で40歳以上の場合
  • 独身の40代の預金額は?
  • 預金のコツは積立預金?

賃貸か持ち家か

tintai

独身男性の老後の資金は、3,000~4,000万円と言われているそうです。しかし、住まいが賃貸か持ち家なのかによっても変わり、賃貸に住んでいる場合は、家賃の負担が大きいため、年金収入だけで暮らしていくのは厳しいようです。

自営業者とサラリーマンとの違い

自営業者の場合は、3,000~4,000万円の資金があっても、生活するのがやっとで、70歳くらいまで働くことが必要で、サラリーマンの場合は、65歳まで働くのが一般的だそうです。

子供がいない分お金が溜まる?

子供を1人育てるのには、2,000万円が必要と言われていおり、独身者は子供がいない分お金が溜まりそうですが、実際、独身者は、自分の好きなことにお金をつぎ込んでしまうため、貯金ができない人が多いそうです。

独身で40歳以上の場合

独身で40歳以上の場合は、その後に結婚する可能性がかなり低いので、このまま独身でも生活できるように、貯金はできるだけたくさんすることが必要だそうです。

独身の40代の預金額は?

独身の40代の預金額は、40代前半で約1,000万円、40代後半では約1,200万円だそうです。定年を迎えるまでに、この3倍は預金しないと生活ができないことになりますね。

貯金のコツは積立預金?

貯金のコツは、生活費の余った分を預金するのではなく、必ず月の初めに、あらかじめ設定しておいた金額を預金することだそうです。これを確実に行うためには、積立預金を上手く利用することが大事です。

積立預金とは

積立預金とは、毎月指定した金額を普通預金口座から定期預金口座に天引きされ、振り替えてくれること。

また、普通口座よりも少し高い金利で運用され、満期などは自分である程度設定できる。給料日などを指定しておくと毎月決まった額が天引きされるため、預金の苦手な人でも確実に預金できる。

スポンサーリンク

積立預金の金額は?

tumitate

積立預金の金額は、手取り額の2割程度が良いそうですが、生活が苦しい場合は、小額でもいいので、まず始めることが大事だそうです。

そして、預金に慣れてきたら少しずつ額を増やしていきたいですね。

まとめ

管理人も将来的に結婚は多分しないと思いますので、預金は計画を立ててしっかりしようと思います。

この時代は独身者が多いのも普通になってきているので、老後は少しでも余裕のある生活をするために、預金はできるだけ多くしたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

定期預金をネット銀行でするリスクは?預金の4つのコツ!

年末調整の還付はいつされるの?確定申告と年末調整の違いは?

デビットカードとクレジットカードの違いは?おすすめのカードは?

過払い金で弁護士と司法書士の違いは?無料の法テラスを利用しよう!

銀行の年末年始の営業日は?コンビニATMを無料で使えるネット銀行

スポンサーリンク



このページの先頭へ