カレーを食べると汗を異常にかくのは何故?汗をかかない方法は?

カレーを食べると汗を異常にかくのは何故なのか説明しています。汗をかくのは、スパイス、味覚性発汗症の2つが考えられます。味覚性発汗症の対策は、辛い食べ物に慣れる、辛い食べ物を食べない、そもそも汗をかくのは当然だと思いましょう。最後に、カレーを食べても汗をかかない方法を紹介しています。

カレーを食べると汗を異常にかくのは何故?

curry

  • スパイスが原因
  • 味覚性発汗症のため

スポンサーリンク

スパイスが原因

カレーに使われているスパイスの唐辛子成分「カプサイシン」の発汗作用が大きいそうです。

発汗は体内の老廃物を流してくれるので大変重要で、その他には、胃腸の働きを活発にし、夏バテ防止や便秘解消、血行促進など、様々な効果があると言われています。

味覚性発汗症のため

味覚性発汗症は多汗症の一種で、食事でカレーなどの刺激物を食べたときなどに、大量の発汗が起こる状態になります。

しかし、味覚性発汗症は、その他の発汗症とは違い、病気とは言いがたいそうです。人間は本来、辛いものやすっぱいものを食べると汗が出るのは、生理的にも当然のことなので、その発汗量が大量だったとしても、「刺激物の摂取」という限定された状況がきっかけで起こったものだからだそうです。

味覚性発汗症の対策

  • 辛い食べ物に慣れる
  • 辛い食べ物を食べない
  • 汗をかくのは当然

辛い食べ物に慣れる

普段から辛いものを食べることで、徐々に辛さに慣れていき、辛いものを食べても汗をかきにくくなります。

辛い食べ物を食べない

ある特定の食べ物で汗ををかいてしまう場合は、人前ではその食べ物を食べなくするといいです。例えば、デートの食事のときなどは、前もってメニューを決めておくといいでしょう。

汗をかくのは当然

人間の生理現象として辛いものを食べると汗をかくのは当然のことです。「汗をかいたらどうしよう」という不安な思いが、余計に発汗を促進して、汗をかいてしまう原因にもなります。辛いのを食べると汗が出るのは当然と思い、開き直ることも大切です。ハンドタオルなどを携帯して、汗をかいたら直ぐ拭き取れば大丈夫です。

スポンサーリンク

カレーを食べても汗をかかない方法

curry4

カレーを食べても汗をかかない方法は、ズバリ、ご飯を冷ました後、カレーをご飯の上にかける方法です。

ご飯が温かいままで、その上にカレーをかけると、ご飯がカレーで保温されてしまい、いつまで立っても熱いままです。

ごはんの熱とカレーのスパイスで、大量の汗をかいたり、鼻水も止まらないほど、出てしまいます。ご飯を冷ます方法だと、多少汗はまだ出ますが、それでもいつもより大分、汗の量が減ります。

★人気のレトルトカレーはこちら
↓↓↓

 

まとめ

管理人もカレーを食べるといつも、汗と鼻水が大量に出て困っていましたが、もしかしたらと思い、ご飯を冷ました後に、カレーをかけて食べたところ、多少の汗はかきましたが、大分、汗の量が減りました。

カレーを食べるときに大量の汗をかいてしまう方は、是非、この方法をお試しください。

おすすめ記事
↓↓↓

カレーにソースをかける理由は?入れると美味しい隠し味は?

雑煮の地方での違いは?沖縄には雑煮を食べる習慣がない?

風邪をひた時の食べ物で消化が良い6つの食品

おせちの通販で人気のお店トップ5!早期特別割引で安く買おう

松茸の国産品と輸入品の違い,人気の松茸輸入国ランキング!

スポンサーリンク



このページの先頭へ