台風上陸の定義とは何?沖縄は上陸とは言わないの?

台風上陸定義とはなのか説明しています。まず、上陸とは陸上部に台風の中心が達することをいうそうです。また、台風の再上陸の意味についても説明しています。そして、気象庁から「沖縄に台風が上陸した」と発表されることはない理由にしていも紹介しています。最後にハリケーンと台風の違いについて説明しています。

スポンサーリンク

上陸とは陸上部に台風の中心が達すること

taifuu

台風の上陸とは、北海道、本州、四国、九州の陸上部に台風の中心が達することを言うそうで、半島や岬を横切るなどして、短時間で再び海上に出た場合などは上陸とは言わず通過とするそうです。

なので、暴風域がかぶっただけでは上陸とは言わないそうです。

台風の再上陸の意味は?

ニュースなどで、明日の朝、首都圏に台風が再上陸という予報が出る場合がありますが、まだ首都圏に来ていないにも関わらず再上陸という表現を使う理由は何故なのでしょう。

これは、台風上陸といのは地域を指しているのではなく、日本列島を対象にしているので、一旦、九州などに上陸した後に海上に抜けて、その後関東に上陸した場合でも、再上陸というそうです。

スポンサーリンク

気象庁から「沖縄に台風が上陸した」と発表されることはない?

気象庁の定義では、上陸は台風の中心が北海道、本州、四国、九州の海岸に達した場合を言うそうなので、沖縄の陸上を台風が通っても上陸とは判断されないために「沖縄に台風が上陸した」と発表されることはないそうです。

★台風対策に手回し発電ラジオはこちら
↓↓↓

 

ハリケーンと台風の違いは何?

taifuu4

ハリケーンと台風の違いは定義発生場所で決まるそうです。

ハリケーンは最大風速が毎時64ノット(74マイル、119km)以上で

● 大西洋北部(カリブ海・メキシコ湾を含む北大西洋)
● 大西洋南部 (ただし、ほとんど発生しない)
● 太平洋北東部(西経140度より東の北太平洋)
● 太平洋北中部(180度~西経140度の北太平洋)

台風は最大風速が34ノット(17.2m/s)以上で

● 太平洋や南シナ海の赤道以北、東経180度以西100度以東

ちなみに、インド洋、南太平洋の南半球はサイクロンになるそうです。発生源が違うということは、気流の影響が違うため、現象自体が同じでも発生のメカニズムが違うため別物とされるそうです。

台風、ハリケーン、サイクロンと発生場所や定義によって名前が違うのですね。サイクロンが一番名前的に強そうな感じがしますね。

まとめ

台風の上陸の定義は、台風の中心が日本の北海道、本州、四国、九州の陸上部に到達したことを言うそうです。

また、ハリケーンとサイクロンは、発生場所と最大風速の違いで決まるようですね。

沖縄は台風が陸上に到達しても上陸と言わないのは知りませんでした。沖縄も日本なので、上陸でよさそうな気がしますけどね。以上、台風上陸の定義でした。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ