こたつの電気代は一ヶ月いくら?電気代を節約する6つの方法!

こたつ電気代一ヶ月いくらかかるのか?電気代を節約する6つの方法を紹介しています。

温度設定に気をつける、外気を入れない、湯たんぽを使う、断熱シートを使う、家族で一緒に使う、電気料金のプランを見直すなどの節約方法があります。

スポンサーリンク

こたつの一ヶ月の電気代は?

こたつの一ヶ月の電気代は1時間で4円程度かかります。1日6時間使用するとして、一ヶ月で720円です。

こたつ電気代
  1時間 6時間 1ヶ月
こたつ電気代(600w) 4円 24円 720円

最近のこたつには熱くなると自動で切れる、「サーモスタット機能」が付いているので上記の電気代になります。サーモスタット機能が付いていないと600wのこたつは1時間使用すると11.6円になります。

★人気のこたつはこちら
↓↓

 

サーモスタット機能とは

サーモスタット機能とは自動的に温度が一定になるように調節する装置。

スポンサーリンク

こたつの電気代の節約方法

  • 温度設定に気をつける
  • 外気を入れない
  • 湯たんぽを使う
  • 断熱シートを使う
  • 家族で一緒に使う
  • 電気料金のプランを見直す

温度設定に気をつける

こたつの使いはじめは、温度設定を高めにしておいて、こたつの中が温かくなってきたら「弱」に切り替える。上半身が寒いと感じたら、重ね着をするといい。

外気を入れない

こたつの出入りを素早くしたり、こたつ布団をめくれないようにしっかりかぶせる。そうすることで保温効果も上がり、サーモスタットも温度を感知しやすくなり、電機代の節約になる。

湯たんぽを使う

こたつがまだ温まっていない時に湯たんぽをこたつの中に入れておくと足元が暖まり、こたつの中の温度も上がりやすくなるので、電気代の節約になる。

断熱シートを使う

断熱シートをこたつの敷布団の下に敷くと熱を逃さない効果があり、電気代の節約になる。断熱シートが無い場合は、家にあるアルミホイル、新聞紙、ダンボールでも大丈夫。

家族で一緒に使う

家族と一緒に住んでいる方はこたつに大人数で入るだけでも電気代の節約になる。家族の会話も増えてまさに一石二鳥。

電気料金のプランを見直す

kotatu8

電気代は家庭で契約している電気料金プランの単価によって変わるので、日中は共働きなどで不在がちならば、電気料金プランを「従量電灯B」から「夜得プラン」にする。

夜9時以降にこたつを使った場合の1時間あたりの電気代

こたつ1時間の電気代
従量電灯Bプラン 2円~5円代
夜得プラン 0.9円~2.4円

このように電気料金プランを家庭の在宅時間に合わせて変更することで、1日で一番使う時間帯の電気を、一番安い電気の単価で使えるため、電気代が最大で50%も削減できる。

まとめ

こたつの電気代は一ヶ月で700円代と安いので上手に使えば冬も暖かく乗り切れそうですね。

一番効果があるのは電気料金プランの変更で、最大で50%の節約になるのが魅力ですね。日中は仕事で家にいない方は思い切って夜得プランへの変更を検討してみるのいいですね。

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ