エアコンの冷房が冷えないときの原因は?冷媒のガス漏れの可能性も?

エアコン冷房冷えないときの原因について説明しています。まず、冷媒のガス漏れが原因と考えられ、業者の施行ミスが原因の場合が多いそうです。また、冷媒のガス漏れの修理代はいくらかかるのか説明し、家が木造建築の場合も冷えにくいそうです。また、エアコンを自分でメンテナンスすると業者に頼まずにすみます。

reibou

冷媒のガス漏れが原因

エアコンの冷房が冷えないときの原因として、多いのが、冷媒のガス漏れだそうです。また、ガス漏れを見分ける方法は、室外機の右側にあるカバーを外して、2本の配管の1本にがついていると、冷媒がガス漏れしている可能性が高いそうです。

スポンサーリンク

業者の施行ミスが原因

冷媒のガス漏れのほとんどの場合の原因は、エアコン設置時の工事の施行ミスによるものだそうです。しかし、保証期間内であれば、無料で修理してくれるので、保証期間を確認しておきましょう。

冷媒のガス漏れの修理代は?

冷媒はガスが切れただけならば、ガスを補充すれば、すぐ直りますが、ガス漏れが発生している場合は、ガス漏れの修理代は5万円以上かかる場合があるそうです。しかも、またガス漏れを再発するリスクも高いので、エアコンを買い換えた方が、安くすむ場合があります。

家が木造建築の場合

家が木造建築の場合は、断熱性や機密性の関係から、冷房が冷えづらくなるそうです。また、日当たりのいい南向きなどの部屋の場合も冷えづらいので、カーテンを閉めるなどして、対策をするようにしましょう。

また、部屋の広さも6畳用のエアコンを8~10畳の部屋に設置すると、エアコンの冷房効率が悪くなり、中々冷えないので、エアコンが常にフルパワーで運転するので、電機代も高くなってしまいます。

逆に、8畳用のエアコンを6常用の部屋に設置すると、エアコンの性能が上回るので、すぐに部屋が冷えるのでエアコンも省エネモードで運転するので、その分電気代も安くすみます。

エアコンを自分でメンテナンスする

souzi

エアコンのメンテナンスを業者に頼むと、基本料金の点検と出張費で5千円、1部品の交換で5千円~1万円ほどかかるそうです。

なので、自分でできる、前面パネル、吹き出し口、フィルタの掃除をマメにやることで、エアコン内部にホコリなどが溜まりにくくなり、業者にメンテナンスを頼む必要がなくなります。

まとめ

エアコンの冷房が冷えない原因は、冷媒のガス漏れが原因かも知れませんね。簡単に室外機でチェックできるので、調べてみましょう。

そして、ガス漏れが発生していた場合は、保証期間内ならば、無料で修理してもらい、保証期間が切れていたら、また、ガス漏れが発生する確率が高いようなので、買い替えを考えた方がいいですね。

管理人も数年前エアコンの冷房が冷えなくなり、コンセントを抜いて電源を入れなおしたり、室外機を冷水などで冷やしたり、色々試してみましたが、効果はありませんでした。購入して10年以上経ったエアコンだったので、ガスが切れていたのでしょうね。

結局、買い換えましたが、最近はエアコンも安いので、買い換えた方が早く解決できますね。

おすすめ記事

エアコンの室外機の騒音を防ぐ対策は?室外機の下に防振ゴムを敷く?

エアコンの臭いの原因は室外機?送風運転を上手に使うと良いの?

エアコンの暖房の電気代はつけっぱなしだといくら?7つの節電方法!

梅雨に洗濯物を早く乾かす方法は?洗濯物を干すときの4つの注意点!

梅雨の湿気の対策はどうすれば良い?除湿器の2種類の除湿方式とは?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ