エアコンの臭いの原因は室外機?送風運転を上手に使うと良いの?

エアコンの臭いの原因は室外機なのか説明しています。エアコンの臭いの原因は、室外機、カビ、タバコ、ペットの毛などが考えられるそうです。特に室外機の近くに車の通行量が多い道路や下水道などがあると、排気ガスやドブの臭いで、エアコンの触媒が臭くなり、部屋にその空気が排出されるそうです。

スポンサーリンク

エアコンの臭いの原因は?

eakon

  • 室外機が原因
  • カビが原因
  • タバコが原因
  • ペットの毛が原因

室外機が原因

エアコンは屋外の空気を取り込んで、室内の空気を循環させるそうです。なので、空気を取り込むときにエアコンの室外機には臭いが付かないように触媒が内蔵されていますが、室外機の近くの環境が車の排気ガスやドブなどで臭気がきつくなると部屋が臭くなる場合があるそうです。

カビが原因

kabi

カビが原因の場合は、空気中には目に見えない小さいカビの胞子がたくさん浮遊しています。そのカビの胞子がエアコンの中に吸い込まれて、水分といっしょになり増殖します。

対処方法

エアコンがカビ臭くなるのは、冷房と除湿運転をしているときです。水分が結露することにより、カビが増殖してしまうので、送風運転を上手に使いエアコン内部の湿気を抑えることが重要です。

スポンサーリンク

タバコが原因

tabako

タバコが原因の場合は、エアコンの冷房中は、水で熱交換器が濡れてしまっているために、空気中のタバコの煙や臭いを吸い込んで中に貯めこんでいる状態です。

この時、エアコンのスイッチを入れると、同時に内部に貯めこんだタバコの臭いが部屋中に放出されてしまいます。

対処法方

タバコのヤニや臭いを落とすには、重曹が効果的だそうです。重曹はアルカリ性のため、臭いの元の物質を中和して消臭する作用があるそうです。

やり方は、重曹を水で溶かし、雑巾などで拭き取ればいいそうです。ただし、内部のフィンに液体がついてしまうと、取り辛く、返って汚れと臭いが酷くなってしまうので、注意が必要です。

ペットの毛が原因

pet

ペットの毛が原因の場合は、エアコンの内部まで、ペットの毛が入りこんでしまい、臭いの原因になるそうです。

対処法方

ペット用の脱臭機を使用することで消臭効果があるそうです。また、定期的にシャンプーをしたり、ブラッシングをしっかりすることで、ペットの抜け毛対策をしましょう。

人気のペット用の脱臭機をお探しの方はこちら
↓↓↓

まとめ

管理人の部屋のエアコンも、最近スイッチを入れた直後の数分間は臭いがするようになってきました。やはり、9月中旬~10月中旬の夏から秋にかけての季節の変わり目に臭うことが多いですね。

この臭いは、エアコンからの、「そろそろフィルターの掃除をしなさいと」いう、サインかも知れないですね。なので、早速フィルターの掃除に取り掛かろうと思います。

おすすめ記事
↓↓↓

エアコンの暖房の電気代はつけっぱなしだといくら?7つの節電方法!

一人暮らしの電気代の冬の平均は?7つの電気代の節約方法

電気ストーブの電気代,600wはいくら?人気の種類と特徴を紹介!

ホットカーペットの電気代は安い?効率の良い使い方を紹介!

こたつの電気代は一ヶ月いくら?電気代を節約する6つの方法!

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ