尿の回数が多い時の病気は?就寝前は水分を控えた方がいいの?

尿回数多い時の病気について紹介しています。夜間頻尿は40歳以上の男女に多いそうです。また、夜間頻尿の原因は睡眠障害によることが多く、夜間頻尿のチェック方法についても紹介しています。最後に夜間頻尿の対処法について説明しています。就寝前は水分を控えるようにしましょう。

  • 夜間頻尿は40歳以上の男女に多い
  • 夜間頻尿の原因は睡眠障害?
  • 夜間頻尿のチェック方法
  • 夜間頻尿の対処法

夜間頻尿は40歳以上の男女に多い

夜間頻尿は、夜に頻繁に排尿することで、40歳以上の男女に最も多く、約4,500万人が夜に1回以上排尿のために起きるそうです。

また、加齢とともに頻度が高くなり、酷くなると日常生活にも支障が出るそうです。

スポンサーリンク

夜間頻尿の原因は睡眠障害?

fuminsyou

夜間頻尿の原因は、膀胱容量の減少、睡眠障害、水分の摂りすぎ、糖尿病などの内部疾患、高血圧、心疾患、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群などで起こるそうです。

膀胱容量の減少は、少量の尿しか膀胱に貯められなくなり、膀胱炎などで膀胱が過敏になることで起こるそうです。

また、睡眠障害は、眠りが浅いために、目が覚める度に気になってトイレの回数が多くなるそうです。

夜間頻尿のチェック方法

check

夜間頻尿のチェック方法は、排尿日誌を書くと良いそうです。朝起きてから、翌日の朝までの排尿した時刻とメモリ付きコップで毎日の排尿量を記録すると、1日の排尿量と排尿回数を知れるので、病気の原因が特定しやすくなるそうです。

夜間頻尿の対処法

taisyohou

夜間頻尿の対処法は、基礎疾患の治療が必要な病気は、高血圧、心疾患、腎機能障害、睡眠時無呼吸症候群だそうです。

また、就寝前にたくさんの水分を摂ると血液がサラサラになったり、脳梗塞や心筋梗塞の予防になると言われていましたが、科学的根拠はなく、逆に水分を摂る過ぎることで、頻尿になってしまった場合は、水分を控えることが必要だそうです。

また、水分の摂りすぎなど原因がはっきりしているものは、水分摂取量を控えることで頻尿は改善されますが、それ以外で原因が分からないものは、泌尿器科を受診した方が良いそうです。

まとめ

夜に排尿が多いことを夜間頻尿と言うことが分かりました。管理人も夜、寝る前に水分を摂ると体に良いと思っていましたが、摂りすぎると、逆に頻尿の原因になるようですね。

また、日中に足のむくみの原因として貯まった水分が、夜の睡眠中に心臓に戻ることでも、夜間頻尿の原因になるそうです。これは、夕方や就寝前に、ウォーキングやスクワットなどの軽い運動をすることで、効果があるそうです。

しかし、水分の摂り過ぎなど原因がはっきり分かるもの意外で、頻尿の方は、専門の泌尿器科を受診した方が良いようですね。

おすすめ記事
↓↓↓

二度寝を防止する5つの方法!朝に勉強する習慣をつけよう

睡眠は何時間とるとすっきり起きれるの?レム睡眠とノンレム睡眠

眠気を覚ます6つ方法!昼食後は仮眠をとり効率を上げよう

睡眠中のよだれを防ぐ4つの対策!顎の筋肉を鍛えよう

不眠を解消する簡単な9つの方法!運動を習慣づけよう

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ