手足口病の初期症状で大人の場合は?子どもの看病中に感染するの?

手足口病初期症状大人の場合について説明しています。手足口病の初期症状で大人の場合は、口内炎が多発し、水疱性の発疹が現れます。また、髄膜炎などの合併症を引き起こし重症になる場合もあるそうです。そして、手足口病に大人が感染する理由についても説明し、最後に、手足口病に感染しないようにする予防法を紹介しています。

  • 手足口病の初期症状で大人の場合は?
  • 髄膜炎などの重症になる場合も?
  • 手足口病に大人が感染する理由は?
  • 手足口病に感染しないようにするには?

手足口病の初期症状で大人の場合は?

kounaien

夏に小さい幼児期の子供がかかることで知られている手足口病ですが、大人でもかかるそうです。また、大人の手足口病の症状は、ウイルスに感染後、3日~5日経過したころにまず口内炎が多数発生し、手、足にも多数の水疱性の発疹が現れるそうです。

そして、発熱の症状も出る場合がありますが、高熱が出るわけではなく、そのまま数日経過後に、症状も治まってくるそうです。

スポンサーリンク

髄膜炎などの重症になる場合も?

前の章で説明したおとり、手足口病に感染した患者さんは、子どもや大人もほとんどの場合は数日で治りますが、ごく稀に、髄膜炎などの中枢神経の合併症を引き起こす場合がありますので、高熱が続く場合は、直ぐに病院で診断を受けることが大事ですね。

また、大人の手足口病で重症になると足の裏の水疱性の発疹の影響で歩行困難になるほど激痛が走る場合があるそうです。

また、直ぐに効果がある特効薬がまだ開発されていないため、症状が収まる一週間ほどは、辛い思いを我慢する必要があるそうです。しかし、どうしても数日間に渡り食べ物が食べられない状態が続く場合は、点滴を受けることも考えた方が良いそうです。

手足口病に大人が感染する理由は?

手足口病に大人が感染してしまう理由は、お子さんが手足口病に感染した後、その看病中に親も感染してしまうことが多いそうです。

他にも幼稚園や小学校などで生徒が集団感染してしまい、学校の先生が感染したり、職場の同僚が感染し、会社内で集団感染してしまう場合もあるそうです。

手足口病に感染しないようにするには?

teasikutibyou

手足口病が感染から発症するまでの期間は、子どもも大人も2日~3日から一週間ほどだといわれているそうでです。そして、この期間は他人への感染力が最も強く、また、水疱に他人が直接触れることが最も直接感染のリスクが高まり危険なだそうです。

なので、例え症状が治ってきたとしても、患部が完全に乾燥し、元の肌の状態に戻るまでは、水疱にウイルスがまだ残っている可能性があるので、十分に気をつける必要があるそうです。

まとめ

手足口病に大人が感染すると、まず、多数の口内炎ができてしまうようですね。ですが、ほとんどの場合は、そのまま軽症ですみ自然に治るようですが、大人の場合はごく稀に重症化してしまい髄膜炎などの中枢神経の合併症を引き起こす危険があるので、高熱が続いた場合は直ぐに病院に行き医師の診断を受けた方が良いですね。

また、現在までに特効薬も開発されていないために、短期間で症状を改善するのは難しいようなので、あまりに水疱性発疹が酷い場合は、会社などで他の人に感染しないようにマスクをしたり、症状が収まるまで会社を休むことも考えた方が良いかも知れませんね。

おすすめ記事
↓↓↓

手足口病の原因はウイルス?髄膜炎などの中枢神経系の合併症に注意?

五月病とうつ病の違いって何なの?五月病という病名は存在しない?

五月病の症状で頭痛がするのはストレスが原因?どんな時になるの?

下痢が続く時の原因は?食後に毎回下痢になるのは過敏性腸症候群?

鼻血の止め方は冷やすと良いの?保冷剤を顔に当てて血管を縮める?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ