すね毛を剃るとかゆい症状や赤いブツブツができるのは何故?

すね毛剃るかゆい症状や赤いブツブツができるのは何故なのか説明しています。まず、カミソリ負けのかゆい症状や赤いブツブツの正体を説明し、深剃りや逆剃りをしている場合はどうなるかや、すね毛を綺麗に剃る方法についても説明しています。もし、カミソリ負けの症状が出た場合は、オロナインを塗りましょう。

スポンサーリンク

カミソリ負けのかゆい症状や赤いブツブツの正体は?

sunege

すね毛などの無駄毛をカミソリで処理した後は、かゆい症状がでたり、赤いブツブツができてしまいますが、これは、カミソリを使うことで、すねの皮膚に細かい傷が付いてしまい、そこから細菌が侵入して、炎症を起こしている状態だそうです。

また、つい保湿クリームを塗ってしまいがちですが、傷口に保湿クリームを塗っても効果がないので、擦り傷を治療するときの外傷用の軟膏のオロナインを塗るといいそうです。

深剃りや逆剃りをしている

すね毛などの無駄毛の処理で、カミソリを使う場合、1回でサッと剃るだけでは、綺麗に剃れないので、つい何度も往復させて剃ったり、深剃りや逆剃りをしてしまいますが、あまりこれをやってしまうと、毛だけではなく、薄い皮膚も削ってしまい、軽い擦り傷をしている状態になるそうです。

そして、これを何度も繰り返すうちに、皮膚の角質層もどんどん減っていくために、肌が乾燥しやすくなり、保湿を保つのが難しくなるそうです。

スポンサーリンク

すね毛を綺麗に剃る方法は?

すね毛は、剃り方を間違えると、毛が濃く見えたり、肌を傷つける危険があるので、正しく剃りましょう。

お風呂に入り毛を柔らかくする

お風呂に入り、肌や毛に水分を十分に与えて、毛を柔らかくすると、太い毛も楽にそることができるそうです。

毛穴を開く方法

毛穴を開く方法ですが、これは、濡れタオルを温めて、それを肌に当てて肌を蒸らします。こうすることで、毛穴が開き、剃るときの肌のダメージを抑えることができるそうです。

クリームやシェービングジェルを塗る

剃るときには、必ずそのまま剃るのではなく、クリームやシェービングジェルを塗ってから、剃りましょう。こうすることで、肌をカミソリ負けから守り、綺麗に剃ることができるそうです。

優しく逆剃りする

そして肝心な剃り方ですが、まず、優しく毛の流れに逆らって逆剃りをします。この時に注意することは、何度も同じ箇所を往復せずに、優しく撫でるように剃ることが重要だそうです。

仕上げは眉用シェーバーを使う

剃り残しを処理するには、再度シェービングクリームを塗り、カミソリではなく、眉用のシェーバーを使うのがコツで、これもゆっくり撫でるように剃っていきましょう。

最期にアフターケアをする

剃り終わったら最期に、保湿クリームを塗りアフターケアをしますが、もし、カミソリ負けをして、かゆい場合や赤いブツブツができてしまった場合は、保湿クリームではなく、擦り傷用の、オロナインを塗って、炎症を抑えるようにしましましょう。

人気の除毛剤はこちら
↓↓↓

まとめ

すね毛を剃るとかゆい症状や赤いブツブツができるのは、カミソリ負けをして、肌が擦り傷になっている状態のようですね。そして、こうなると、普通の保湿効果を塗っても意味がないようなので、オロナインを塗って炎症を抑えることが大事ですね。

そして、綺麗に剃るには、お風呂に入り十分に肌や毛に水分を与えて、毛を柔らかくし、タオルで蒸らし毛穴を開き、シェービングジェルを塗った後に、優しく逆剃りをするのがコツのようですね。そして、最語にアフターケアも忘れずにしましょう。

おすすめ記事

眉毛の間に出来るニキビの原因は?オロナイン軟膏で簡単に治せるの?

頭のニキビで後頭部にできるのは何故?シャンプーは2日に1回で良い?

髭を抜くと生えなくなるの?抜くのが辞められなくなる抜毛症とは?

髭が濃い原因で女性の場合は?筋トレをやり過ぎると髭が濃くなる?

髭が濃い青髭の5つの対策!効果の高いレーザー脱毛で永久脱毛をする

スポンサーリンク



このページの先頭へ