睡眠中のよだれを防ぐ4つの対策とは?顎の筋肉を鍛える方法は?

睡眠中よだれを防ぐ4つの対策を紹介しています。まず、鼻呼吸で唾液の分泌を抑えるようにして、次にガムを噛んで顎の筋肉を強化することも有効です。また、柔らかなまくらを使うことも大事です。そして仰向けに寝ることで、体の力が抜けてリラックスできるので、鼻呼吸がしやすくなります。

睡眠中のよだれ対策

  • 鼻呼吸で唾液の分泌を抑える
  • ガムを噛んで顎の筋肉を強化する
  • 柔らかなまくらを使う
  • 仰向けに寝ると鼻呼吸がしやすくなる

鼻呼吸で唾液の分泌を抑える

口呼吸をすると空気中の有害な空気をそのまま体に取り入れてしまうので、鼻呼吸で外気を取り入れましょう。 鼻呼吸をすると、口の中の乾燥を防ぎ、唾液の分泌を制御する効果もあります。

スポンサーリンク

ガムを噛んで顎の筋肉を強化する

yodare3

ガムをしっかり噛むことで、口の周りの筋肉が鍛えれて口が少しずつ閉じるようになります。 また、ガムを噛むことによって、唾液の分泌も多くなり、口臭予防にもなります。

睡眠中は意識して口を閉じることができないため、テープで口を塞いで鼻呼吸を強制的にするようにします。睡眠用の専門のテープがあるのでそれを使いましょう。

柔らかなまくらを使う

yodare3

睡眠中のよだれは、寝返りで体が横向きになり、口が開いてしまいそこからよだれが流れ出ます。 なので、頭が沈み込むくらいの柔らかいまくらで、頭を左右から押さえる感じのまくらを使用して、仰向けの状態を維持できるまくらを使いましょう。

人気のやわらかい安眠まくらはこちらから
↓↓

仰向けに寝ると鼻呼吸がしやすくなる

yodare4

睡眠中に鼻呼吸をするには「仰向け」に寝るようにしましょう。まず、仰向けのまま手足の力を抜き、リラックスしてそのまま口を閉じます。

そして、意識的に鼻呼吸をします。この寝方を一ヶ月くらい続けると仰向けに寝れるようになり、鼻呼吸で眠れるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

睡眠中のよだれの原因は口呼吸だと言うことが分かりましたね。 口呼吸をすると口の中が乾き、唾液が少なくなることで、細菌が増殖しやすくなり、それが口臭の原因ともいわれています。

さらに免疫力が低下し、肌荒れや口の周りの筋肉のたるみにも繋がります。なので、鼻呼吸をすることで、空気中の有害な物質を直接体に取り入れることを防ぎたいですね。

適切なまくらを使用し、仰向けに寝ることで睡眠中のよだれを防ぐことができるので、仰向け寝を習慣づけたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

眠気を覚ます6つ方法!昼食後は仮眠をとり効率を上げよう

熱帯夜の対策で役立つグッズは?快適に眠る方法は?

不眠を解消する簡単な9つの方法!運動を習慣づけよう

耳の奥がかゆい時の5つの原因と対処法!耳かきはやりすぎない

こむら返りの原因で睡眠中になるのは何故?隠れた危険な病気とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ