毛根についている透明の塊は何なの?髭を抜くと濃くなる?

毛根についている透明の塊は何なのか説明しています。まず、透明のやつは毛包というものだそうです。次に、髭を抜くと濃くなるのかについて説明し、女性ホルモン剤で髭が薄くなる効果があるのか説明しています。最後に、年を取ると髭が濃くなるのは本当なのか解説しています。髭は、男女共に、女性ホルモンの減少によって濃くなるようです。

スポンサーリンク

透明のやつは毛包というもの

mouhou

透明のやつは毛包というもので、毛穴の中で毛根を筒状に包んでいるそうです。毛穴に毛がくっついて生えていたら、自然と抜け落ちることが出来ないので、自然と抜け落ちる助けをするものだそうです。

どうしてついていたり、なかったりするのかは、毛包は成長期の毛にしかつかないためで、全ての毛が成長期なわけではないので、ついていたりなかったりするそうです。

髭を抜くと濃くなる?

76

濃くなるわけではないそうですが、抜いた後に埋もれ毛になるようです。剃るだけの処理ならば普通は毛先の黒い点だけが肌に見られますが、埋もれ毛になると毛が肉に埋もれて黒い部分がより広く見えるそうなので剃った方がいいそうです。

スポンサーリンク

女性ホルモン剤で髭が薄くなる?

horumon

髭の生え方を遅らせるために女性ホルモン剤は使用しない方がいいそうです。使用すると、男性機能が無くなり、女性化が始まるそうです。

女性ホルモン剤を使用すると途中で止めることが出来ないうえに、血栓やガンのリスクが高まるそうです。使用するなら将来的に男を辞める覚悟が必要なようです。

年を取ると髭が濃くなるのは本当?

hige2

一般的には男性も女性も年齢を重ねると髭が濃くなるのは本当のようです。髭は男性ホルモンの影響が多く、女性も男性も個人差はありますが、40代~50代から女性ホルモンが減っていくために、髭が濃くなっていくそうです。

頭の毛は女性ホルモンの分泌の影響なので、男性でも女性でも女性ホルモンが減ることで髪が薄くなるそうが、どちらにしても個人差がかなり影響するそうです。

やはり、髭は抜くより剃った方がよさそうですね。男性に髪の薄い人が多いのは女性ホルモンが少ないためのようですね。だからと言って女性ホルモン剤を使うのは、女性になる覚悟がない人は止めた方がいいですね。

まとめ

髭を抜いた時に毛先についている透明な物体は毛包と言うことが分かりました。毛包は成長期のものしか毛に付かないために、ついていたり、なかったりするようですね。また、髭は抜くと埋もれ毛になって濃く見えるようなので、やはり髭はカミソリで剃った方が良いですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ