下まぶたの痙攣が片目だけする原因は?眼瞼ミオキミアの症状とは?

下まぶた痙攣片目だけする原因について説明しています。まず、眼瞼ミオキミアという病気が原因になっているそうです。そして眼瞼ミオキミアの対処法は、就寝前のスマホは控えて、目の周りを温め、お酒やコーヒーを控え、目の周りを軽くタッピングすると血行が良くなり効果があるそうです。

眼瞼ミオキミア(がんれんみおきみあ)が原因

パソコンの作業中などに、急に片方のまぶただけが、がピクピク痙攣をすることがありますが、これは、睡眠不足、ストレス、疲労などが原因となって起こる目の筋肉の痙攣で「眼瞼ミオキミア」と言われる病気だそうです。

しかし、一過性のものなので、疲労が回復すると、症状も解消され、とくに治療の必要性はないそうです。

スポンサーリンク

眼瞼ミオキミアの対処法

眼瞼ミオキミアの対処法は、目を休ませることが大事だそうです。しかし、パソコンを使う仕事で、目を休ませることが出来ない場合は、1時間ごとに休憩を入れたり、まばたきを意識的にすることも、目の筋肉の運動になり効果があるそうです。

就寝前のスマホは控える

sumaho

また、就寝前のスマホの操作は、スマホの画面から出るブルーライトが目に悪影響を及ぼすので、夜の寝ながらスマホは避けた方が良いそうです。

目の周りを温める

眼瞼ミオキミアは、目の周りの筋肉が、疲労やストレスなどで緊張していることで起こるので、目の周りを温めて、緊張をほぐしてあげることが大事だそうです。そのためには、入浴したり、ホットアイで目の周りを温めると効果があるそうです。

お酒やコーヒーを控える

お酒を飲んだ時に、よく目のまぶたが痙攣する人がいるようですが、これは、アルコールがビタミンを破壊することが原因だそうです。また、コーヒーのカフェインも摂りすぎると、目の周りの筋肉の神経を高ぶらせるので、症状が悪化する場合があるそうです。

目の周りを軽くタッピングする

目の周りの筋肉を、指の腹で優しくタッピングすることで、マッサージ効果があり、血行が良くなるので、効果があるそうです。また、タッピングする時は、絶対に力を入れすぎないように注意しましょう。

まとめ

目の下まぶたの痙攣で片目だけピクピクするのは、睡眠不足、ストレス、疲労などが原因で起こる、眼瞼ミオキミアという病気のようですね。

しかし、一過性の症状なので、病院などで治療する必要はとくにないようです。しかし、まぶたの痙攣はやはり気になるので、対処方は、夜の寝る前のスマホの操作などは避けて、出来るだけ目を休めることが必要だそうですね。

他にも、目の周りを温めたり、お酒やコーヒーも、ビタミンを破壊したり、カフェインが目の周りの神経を高ぶらせるので、控えるようにしましょう。

おすすめ記事

スマホで目が悪くなる2つの理由は?視力低下を防ぐ6つの方法

老眼鏡の4つの種類と選び方!100円ショップの老眼鏡は使えるの?

老眼を回復する3つの簡単な訓練方法!遠近体操法で視力回復

目のかゆみはアレルギーが原因?アレルギー性結膜炎とは?

目がかすむ時の病気で脳の場合は?白内障や緑内障の場合も?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ