歯石の取り方で自分で取る方法は?手動スケーラーの使い方と注意点!

歯石の取り方で自分で取る方法を紹介しています。まず、歯石を自分で取る道具のスケーラーを紹介し、次に、手動スケーラーの使い方と注意点を説明しています。最後に、超音波スケーラーの注意点を説明しています。超音波スケーラーは頻繁に使用すると、歯の内部が損傷する可能性があるそうです。

ha

歯石を自分で取る道具は?

歯石を歯医者に行かずに自分で除去するには、音波歯ブラシでも、歯石が出来かけの時は除去することができますが、大きくなったものは取ることが不可能だそうです。なので、ドラッグストアーで販売している、「スケーラー」という歯石を取る道具を使うと良いそうです。

スポンサーリンク

スケーラーの種類は?

スケーラーの種類は、手動で取るものと機械の超音波で振動を与えて取るものがあるそうです。一般的には、機械の超音波スケーラーで、歯石の大まか部分を除去し、その後、手動で歯肉の奥にある歯石を除去するそうです。

手動スケーラーの使い方

手動スケーラーを使用する時は、まず、薬指を使い固定点を作るそうです。また、固定点を決めないと、歯石を除去する際に力が入ってしまい、歯からスケーラーが滑ってしまい、歯肉を傷つけてしまい危険だそうです。そして、手動スケーラーの動かし方は、基本的に指の屈伸運動だけを使い、軽くなぞる程度で、引いて歯石を取り除くそうです。

手動スケーラーの注意点

sukeler

手で歯石を除去する手動スケーラーですが、使い方を間違うと知覚過敏などを引き起こす場合があるので、注意が必要だそうです。また、手動のために、力を入れすぎたり、あまりしつこくガリガリやり過ぎると、歯石だけではなく、歯石の下にある大切なエナメル質まで、剥がれてしまい、それが原因で知覚過敏になることもあるそうです。

★人気のスケーラーはこちら
↓↓↓

 

超音波スケーラーの注意点

超音波の振動を使い歯石を除去する超音波スケーラーですが、著音波スケーラーを頻繁に使用すると、歯の内部が損傷する可能性があるそうです。なので、歯石が少し溜まってきたと思ったら、手動スケーラーでこまめに除去して、超音波スケーラーは、歯石が大きくなって手動スケーラーで取りづらくなった場合に、歯医者に行き歯石を取ってもらいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

歯石を自分で取る方は、ドラッグストアなどで販売している手動スケーラーで簡単に除去できることが分かりました。しかし、正しい使い方をしないと、歯肉や歯の大切なエナメル質を傷つけてしまう恐れがあるので、使用する際には注意が必要ですね。

また、歯医者で行う超音波スケーラーで歯石を除去する方法も、頻繁にやり過ぎると、歯の内部を傷つけてしまう場合があるので、こちらも注意が必要ですね。

おすすめ記事

歯がしみるときの原因は?冷たいものが食べれない

奥歯の虫歯が欠けた時の対処法は?歯か欠ける4つの原因とは?

歯痛の応急処置に効くツボと市販薬3つは?ロキソニンSは効くの?

奥歯が痛いのに虫歯じゃない時の9つの原因!内臓疾患の可能性も?

歯茎の腫れや出血の6つの原因と予防法は?歯周病の初期なら治る?

スポンサーリンク



このページの先頭へ