白髪を抜くとハゲるの?白髪が増える6つの原因!毛根が傷つき危険?

白髪抜くハゲるのは本当なのか、白髪が増える6つの原因も説明しています。白髪を抜いても、ハゲることはないそうです。しかし、毛根が傷つく危険があります。また、白髪が増える原因は、食生活、運動不足、睡眠不足、ストレス、喫煙、紫外線などだそうです。

スポンサーリンク

白髪を抜くとハゲるの?

siraga

白髪を抜くとハゲるという話は、医学的に根拠はないそうです。しかし、無理やりに白髪を抜くことは、毛根を傷付けてしまうので、それが原因になり、健康な髪の毛が生えてこない場合があるそうです。

白髪が増える原因は?

  • 食生活が原因
  • 運動不足が原因
  • 睡眠不足が原因
  • ストレスが原因
  • 喫煙が原因
  • 紫外線が原因

食生活が原因

外食やコンビニ弁当などで、食生活のバランスが偏ると、白髪がますます増えるそうです。なので、白髪を改善する食べ物のカルシウムなどが入っている食材で補う必要があるそうです。

カルシウムを摂る

カルシウムには、髪の色素を補うメラニンを作る細胞のメラサイトを活発にする働きがあるそうです。カルシウムが多く入っている食材は、乳製品や骨ごと食べられる魚、葉物などです。

銅を摂る

銅は、イカ、エビなどの魚介類やレバー、ナッツ類などに多く含まれていて、メラニン色素が黒色に変化するために必要不可欠な要素だそうです。

スポンサーリンク

運動不足が原因

髪は、毛細血管から運ばれる酸素や栄養素により、増殖するため、適度な運動をすることにより血行をよくしないと、白髪の増加につながるそうです。

睡眠不足が原因

髪は、日中の間に大気中のゴミや紫外線により、ダメージを受けているので、睡眠時間をしっかり取ることで、これらのダメージを回復しているそうです。しかし、睡眠不足になると、体が回復せずに、生命活動エネルギーが不足状態に陥り、エネルギー供給を一番後回しにされる頭皮が影響を受けて、白髪が増加するそうです。

ストレスが原因

髪には、メラノサイトという髪の毛の色を作る色素細胞があり、ストレスを受けると、メラノサイトの働きが悪くなり、メラニン色素が生成されず、白髪が増えるそうです。

喫煙が原因

1996年にイギリスの研究発表により、タバコと白髪の因果関係があることが分かっています。それによると、タバコが原因で若白髪になることが発見され、喫煙者はタバコを吸わない人に比べると約4倍も白髪になる確率が高いそうです。

紫外線が原因

sigaisen

紫外線は、肌の老化に影響があるといわれていますが、髪や頭皮にとっても、影響が大きいことが分かってきたそうです。白髪は紫外線により、頭皮の色素幹細胞DNAが損傷することにより、増加するそうです。

まとめ

管理人も最近白髪が目立つようになりましたが、紫外線は、肌だけではなく、頭皮への影響もかなり大きいようなので、日傘や帽子を利用し、紫外線の強い時間帯を避けて外出するなどして、紫外線から髪や頭皮を守ることが大切ですね。

スポンサーリンク



このページの先頭へ