白髪の原因は20代では仕事のストレス?パワハラやセクハラが原因?

白髪原因は仕事のストレスなのかどうか説明しています。まず、ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れるそうです。そして、ストレスが溜まると髪のメラニン色素が減ってしまいます。また、ストレスが溜まる仕事の原因はパワハラやサービス残業などがあります。最後に、ストレスが原因で白髪が増えてきた時の対処法を紹介しています。

スポンサーリンク

  • ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れる
  • ストレスが溜まると髪のメラニン色素が減る
  • ストレスが溜まる仕事の原因はパワハラやサービス残業
  • ストレスが原因で白髪が増えてきた時の対処法

ストレスが溜まると自律神経のバランスが崩れる

sutores

仕事などでストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れて頭皮の細胞や血管の働きが弱まるそうです。そして、体の隅々まで栄養が行き渡らずに、新しく生えてくるはずの髪の毛も弱く、白髪も多くなり、抜け毛も増えてくるそうです。

スポンサーリンク

ストレスが溜まると白髪の原因のメラニン色素が減る

白髪は髪の毛の黒色のメラニン色素が減ることが原因だそうです。このメラニン色素は、頭皮のメラノサイト細胞で作られ、ストレスが溜まることで、髪に栄養を送る血流の流れが悪くなり、メラノサイト細胞の活動もだんだん弱くなることで、最期には細胞が死滅して白髪や抜け毛の原因になるそうです。

ストレスが溜まる仕事の原因

人間の体は長期に渡ってストレスを受け続けると、血流の流れが悪くなることが分かっているそうです。

すると、ストレスにより血管が収縮し、体に必要な栄養が隅々まで行き渡らずに結果的に白髪や抜け毛が増える原因になっているそうです。

そのストレスを受ける仕事上の原因として上げられるのは、1.上司や同僚からのパワハラやセクハラ、2.長時間の労働やサービス残業、3.仕事に対するやる気の低下などの3つが理由として考えられるそうです。

ストレスが原因で白髪が増えてきた時の対処法

syokuseikatu

ストレスが原因で白髪が増えてきた時は、年齢が若い場合は趣味や運動でストレスを解消することで、また黒髪が生えてくる可能性があるそうです。

しかし、それ以外の加齢などによる老化現象で白髪が増えてきた場合は、また黒髪に戻すのは難しいので、生活習慣の見直しや食事のバランスに気をつけて血流の流れを良くすることを心がけると白髪の増えるスピードを遅らせることが可能だそうです。

まとめ

仕事でストレスを受け続けると、血管が収縮し、体の隅々まで栄養が行き渡らずに白髪や抜け毛が増える原因になっているようですね。

また、年齢が若い人ならば、趣味や運動などでストレスを解消できればまた黒髪が戻るようですが、老化現象の場合は、ストレス解消だけでは黒髪が戻るのは難しいようなので、食生活の改善などで野菜を多目に摂るなどして、血流の流れを良くすることで、白髪や抜け毛をこれ以上増やさないようにしたいですね。

スポンサーリンク



関連コンテンツ

このページの先頭へ