老眼を回復する3つの簡単な訓練方法!遠近体操法で視力回復

老眼回復する3つの簡単な訓練方法を説明しています。遠近体操法、ステレオグラム回復法、パーミング法のやり方をそれぞれ説明しています。自宅で簡単にできるので、試してみるのもいいと思います。ステレオグラム回復法の3D立体視のやり方を覚えると、回復法の他にネット上の様々な3D画像を見ることが出来るので楽しいです。

スポンサーリンク

老眼を回復する訓練方法

rougan

  • 遠近体操法
  • ステレオグラム回復法
  • パーミング法

遠近体操法

遠近体操法は、遠くと近くを交互に見比べる老眼回復訓練です。一指し指を目から15cm位離して、指の先端にピントを合わせ、次にパソコンの文字やカレンダーの文字などを一直線上において読みます。

これを数回繰り返すことで、目の水晶体が厚くなったり、薄くなったりすので、水晶体の弾力性が回復する訓練になるそうです。

スポンサーリンク

ステレオグラム回復法

ステレオグラム回復法は、3D立体視を使った回復法のことで、平面上に置かれた2つの画像をいっしょに見ることで、奥行きのある3Dの画像が目の前に現れます。

そして、ステレオグラムの立体視を実現するときに、焦点をぼかすような動きが目の周辺の筋肉をほぐし、疲労回復を促進するそうです。

しかし、ステレオグラムを実践するには、平行法交差法のいずれかをマスターしなければいけません。

並行法のやり方

heikou

平行法のやり方は、モニターから目を30cmくらい離して、2つに並んだステレオグラム用の画像を見つめます。そして、その画像のピントを少しずつぼかしていくと、2つの画像が3つになり、焦点が合う瞬間があります。これで、画像を3Dで見ることが出来ます。コツは、2つの画像のピントをぼかすときに、遠くを見るようにすれば、見えやすいです。

交差法のやり方

kousa

交差法のやり方は、目を寄り目にして、画像を立体的に見ます。まず、ステレオグラム用の画像をモニターから50cmほど離れて見ます。そして、モニタから20cmくらいのところに一指し指を置きその先端を見たまま、顔に近づけていき、画像が3つになり、ピントが合えば成功です。

パーミング法

パーミング法は、アメリカの眼科医のウィリアム・ベイツ氏が考案したベイツ法と呼ばれる視力回復技術の一種で、欧米で民間療法として広く知られているそうです。

やり方はとても簡単で、まず、手の平を数十秒間すり合わせ温めて、次に手の平で目を30秒ほど覆います。これだけで終わりです。

パーミング法をすると、目の代謝や血行がよくなり、老眼の症状も緩和されるそうです。

人気の老眼鏡はこちら
↓↓↓

 

まとめ

管理人は、交差法のやり方が簡単だと思いました。モニターの間の人差し指を見つめて顔に近付けると、自然にピントが合い、3Dに見える瞬間が分かるので簡単です。

今の時代は、パソコンでの作業が仕事でもプライベートでも多いので、老眼の症状が出る年齢も若くなっているのようです。これらの回復方法を毎日実践して、視力を少しでも回復させたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

目がかすむ時の5つの病気と治療法!早期発見が大事

目のかゆみの2つの原因と対策,結膜炎に注意しよう!

あくびが多い時の4つの病気の可能性とは?低酸素血症の疑いも?

くしゃみが止まらない!?しかも風邪じゃない場合の4つの原因

しゃっくりを止めるを方法!病気の可能性は?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ