お腹が痩せるための短期間の方法は?ドローインの呼吸法で痩せる

お腹が痩せるための短期間の方法を説明しています。ドローインの呼吸法で痩せられるそうです。なので、ドローインのやり方と注意点について紹介しています。また、ドローインの動画も紹介しています。ドローインの注意点は、食事直後は行わない、妊娠中や出産直後は避けるなど2つのことに注意ましょう。

  • ドローインの呼吸法で痩せる
  • ドローインのやり方
  • ドローインの注意点

ドローインの呼吸法で痩せる

yaseru2

ドローインとは、腹横筋というお腹の筋肉の中でも深い位置にあるインナーマッスルを鍛える呼吸法だそうです。

この腹横筋は、内蔵を支える働きがあますが、腹筋運動では鍛えることができないため、ドローイン呼吸法で、お腹をへこませて、インナーマッスルを身体の内側から鍛えると、引き締まったウエストを作り出せるそうです。

スポンサーリンク

ドローインのやり方

ウエストのサイズを前もって測る

ドローインでお腹をへこませる前と後では、大体5~8センチほどの差が出るそうです。この差をチェックするために、前もってウエストのサイズを測っておくと良いそうです。

内転筋に力を入れる

ドローインは、腹横筋以外にも、背筋や骨盤を安定させたり、内臓を正しい位置に収めるインナーマッスルも鍛えられるそうです。

ドローインでこれらの筋肉を鍛えるやり方は、お尻の穴を縮めるように意識することが重要で、この時に、ボールなどを膝に挟み、両方の内腿の内転筋に力を入れることで、骨盤の筋肉も鍛えられるそうです。

おへその下を中心にへこませる

ドローインでお腹をへこませる時は、おへその下、4~5センチ辺りを意識して行うと良いそうです。

ドローインの注意点

食事直後は行わない

食事直後は、お腹が満腹状態で、お腹がへこみ難くなっているので、なるべく食事直後は避けて、お腹の満腹感がなくなった後に行うと良いそうです。

妊娠中や出産直後は避ける

ninpu

ドローインはお腹周りのインナーマッスルを鍛える方法なので、妊娠中や出産直後は、このドローインの呼吸法が刺激になる場合があるため避けたほうが良いそうです。

まとめ

ドローインは、道具も必要なく、場所もとらないため、誰でも気軽にインナーマッスルを鍛える呼吸法なので人気があるようです。

また、ドローイングで、インナーマッスルを鍛えることで、姿勢も自然と良くなり、スタイルを美しく保つ効果があるそうです。

おすすめ記事
↓↓↓

お腹の脂肪を減らす4つの方法!筋トレよりも有酸素運動が効果的

お腹の腹筋が痛い時の3つの病気,急性虫垂炎の場合も

お腹が鳴る時の2つの病気の可能性,過敏性腸症候群とは?

げっぷが多い時の4つの病気の可能性,呑気症とはどんな病気?

腰痛の4つの治し方と正しい姿勢のとり方,筋トレで腹筋と背筋を鍛える

スポンサーリンク



このページの先頭へ