犬のお腹が鳴る時の病気の可能性は?人間の場合は2つの病気の場合も

お腹鳴る時の病気の可能性と人間お腹鳴る時の2つの病気について説明しています。犬の胃腸が弱っているとお腹が鳴るそうです。また、人間の場合は、過敏性腸症候群、大腸がんの可能性があるようです。そして、過敏性腸症候群は、特に女性に多く、便通異常により、放屁が多くなるそうです。

犬のお腹が鳴るのは何故?

inu

犬のお腹が鳴る原因は、人間と同様にストレスが溜まったり、エサが合わなかったり、空腹の場合にもお腹がなる場合があるそうです。なので、毎日犬を散歩させてストレスを解消させたり、ドッグフードを違うものに替えたり、間食としておやつを少しあげてみると良いそうです。

スポンサーリンク

犬の胃腸が弱っている場合も

犬のお腹が頻繁に鳴る場合は、胃腸が弱っている可能性もあるので、食欲がない、下痢、嘔吐などの症状が続く場合は重大な病気の場合があるので、早めに獣医さんに診てもらうことが大事だそうです。

人のお腹が鳴る場合の2つの病気

  • 過敏性腸症候群の場合
  • 大腸がんの場合

過敏性腸症候群の場合

onakanaru

過敏性腸症候群は、先進国に多く見られる病気で、日本でも消化器科を受診する人の3分の1を占めるほどだそうです。

また、特に女性に多く見られ、主な症状は、腹部の不快感と便秘や下痢などの便通異常で、他にお腹がごろごろ鳴ったり、放屁なども多くなるそうです。

過敏性腸症候群の治療法

過敏性腸症候群の治療法は、命に関わることはないですが、症状が長期間続き、完治することは少ないそうです。

なので、完治にこだわらずに、日常生活の中で上手く付き合っていくことが大事だそうです。治療法は、食生活の改善、薬物療法、心身医学的治療の3つが基本で、ストレス、生活の乱れ、睡眠不足、大量のアルコール摂取が病気を悪化させるそうです。

しかし、食物繊維を多く摂取することで、便秘や下痢のどちらにも効果があるので、積極的に摂取すると良いそうです。

大腸がんの場合

大腸がんの場合は、お腹がごろごろ鳴って、そのうちお腹に張りが出て、しばらくすると下痢になり、その後、どす黒い血が便に混じるようになるそうです。

また、大腸がんは、出血や下痢が続いても、「痔」や「一時的なものだろう」と判断しがちで、早期の段階で本人が気付くことが大変難しいそうです。

そのため大腸がんを早期発見するには、便の状態を常に確認し、少しでも異常を感じたら、できるだけ早めに病院の受診することが大事だそうです。

痔の血便の場合

痔の血便の場合は、肛門からの出血なので、真っ赤な鮮血で、水っぽいのが特徴。

大腸がんの血便の場合

大腸がんの血便の場合は、血の色がどす黒く、便にねっとりからみついているのが特徴。

肛門から離れている部分のがんは、血が酸化して黒っぽいが、肛門近くにできたがんの血は、痔と間違えられることがあるので、自分で判断することが難しいため、定期的に大腸がんの定期健診を受けることが大切。

大腸がんの治療法

syuzyutu

大腸がんの治療法は、早期発見ならば、内視鏡手術でがんを取り除き完治できるそうです。

また、少し進行して肺や肝臓に転移した場合でも、手術が可能な状態であれば、外科療法で完治するそうです。

まとめ

犬のお腹が頻繁になる場合は、胃腸が弱っている可能性があるようなので、食欲がなく、下痢や嘔吐が続く場合は早めに獣医さんに診てもらった方が良いですね。

また、人お腹が鳴る時の病気の可能性は、過敏性腸症候群の場合が考えられるようですね。治療法は、完治するのは難しいので、日常生活と上手く付き合っていくしかないようですね。

まず、生活環境の改善をして、大量のアルコール摂取を控え、規則正しい生活をすることを心がけたいですね。

また、大腸がんの場合は、とにかく早期発見が治療のポイントになるので、自分で判断すことが難しいため、大腸がんの定期健診を受けることが大事ですね。

管理人も先日の朝に、30分程度お腹が鳴っていたので、過敏性腸症候群かも知れないですね。少しアルコールの量を控えたいと思います。

おすすめ記事
↓↓↓

げっぷが多い時の4つの病気の可能性,呑気症とはどんな病気?

耳の奥がかゆい時の5つの原因と対処法!耳かきはやりすぎない

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

頭痛による嘔吐の原因は?考えられる4つの病気

目がかすむ時の5つの病気と治療法!早期発見が大事

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ