お腹の腹筋が痛い時の3つの病気は?急性虫垂炎の初期症状の場合も

お腹腹筋痛い時の3つの病気について説明しています。まず、胃痙攣は、筋トレが原因の場合があり、肉離れは、過度な運動で疲労物質が溜まることが原因だそうです。そして、急性虫垂炎は、軽い腹筋痛と症状が似ているので、注意が必要です。

スポンサーリンク

  • 胃痙攣の場合
  • 肉離れの場合
  • 急性虫垂炎の場合

胃痙攣の場合

過度な腹筋などの筋トレで、長時間に渡り胃に緊張を与えると胃が痙攣をおこす場合があるそうです。

胃痙攣の対処法

対処法は基本的に安静にすることが大事ですが、痛みが続く場合は、病院で鎮痛剤を処方して貰うと良いそうです。

肉離れの場合

スポンサーリンク

腹筋が筋肉痛の場合は、過度な運動によって筋肉が伸びた時にできた炎症と筋肉に疲労物質が溜まった事による痛みが原因だそうです。

どれも時間が経つと自然に治るそうですが、痛みが長引く場合には、「肉離れ」を起こしている場合があるそうです。

筋肉痛も肉離れも筋肉が損傷したことにより痛みが生じるそうですが、肉離れは筋肉が断裂した状態なので注意が必要だそうです。

肉離れの対処法

腹筋痛は2~3日ほどで回復しますが、肉離れの場合は、痛みが1~2週間ほど続くそうです。なので、痛みが3日以上続く場合は、肉離れを可能性が高いので、病院で診断を受けた方が良いそうです。

また、痛みの特徴は、筋肉痛は運動後の数時間から数日後に痛みが出ますが、肉離れの場合は運動の直後から激しい痛みを感じるそうです。

また、筋肉痛はストレッチやマッサージを行いますが、肉離れの時は、こういった筋肉を伸ばす行為は症状を悪化させるので注意が必要だそうです。

急性虫垂炎の場合

tyusuien

急性虫垂炎の場合は、右下腹部に激しい痛みが出て、発熱も37.5度以上あり、白血球数が増加するそうです。

また、普通の虫垂炎では、いきなり下腹部が痛くなることは少ないそうですが、急性虫垂炎の初期症状は、軽い腹筋痛と痛みが似ているため、注意が必要だそうです。

急性虫垂炎の対処法

急性虫垂炎は、激しい痛みが出るので、病院ですぐ手術が必要ですが、初期段階で虫垂炎が見つかった場合は、手術の必要がないこともあるそうです。

なので、下腹部に痛みを感じたら、早めに病院で診察を受けた方が良いそうです。

まとめ

お腹の腹筋が痛いときは、急性虫垂炎の場合があるようですね。下腹部に軽い筋肉痛の痛みがある場合は、普通の筋肉痛と間違えやすいので注意が必要ですね。

しかし、初期の段階なら手術も必要ないこともあるようなので、異常を感じたら早めに病院で診察を受けた方が良さそうですね。

おすすめ記事
↓↓↓

お腹が痩せるための短期間の方法は?ドローインの呼吸法で痩せる

お腹の脂肪を減らす4つの方法!筋トレよりも有酸素運動が効果的

お腹が鳴る時の2つの病気の可能性,過敏性腸症候群とは?

げっぷが多い時の4つの病気の可能性,呑気症とはどんな病気?

腰痛の4つの治し方と正しい姿勢のとり方,筋トレで腹筋と背筋を鍛える

スポンサーリンク


このページの先頭へ