尿の色がオレンジ色の時は風邪が原因?無色透明の場合は糖尿病かも?

尿オレンジ色の時は風邪が原因なのか説明しています。まず、尿の色はどんな時に変わるのか説明し、尿の色が無色透明の場合の病気についも紹介しています。糖尿病の可能性もあるそうなのでトイレの回数が1日に15回程度、夜も5回以上に増えて、喉が渇きやすくなった場合は、注意が必要だそうです。

スポンサーリンク

オレンジ色の尿は風邪をひいたら出るの?

nyou

オレンジ色の尿は、風邪をひきた時に、体内の水分が失われて、身体が脱水症状の状態の時に出るそうです。また、ビタミンCに含まれるカロチンの影響やビタミン剤を飲んだ時にもオレンジ色の尿が出るそうです。

尿の色はどんな時に変わるの?

尿の色は、朝起きたとき、運動で汗をかいた時に濃い黄色の尿が出るそうですが、これは一時的なもので病気などの心配はないそうです。

また、薬を服用している人も、薬に含まれる成分の影響で、尿の色が濃くなる場合もあるそうです。そして、普段食べている、食べ物の着色料も尿の色に影響を与えて、赤色や緑色など様々な色に変わるそうです。

尿の色が無色透明の場合の病気

飲酒時などに、たくさん水分を摂った時に、頻繁にトイレに行く回数が増えて、無色透明な尿が出ますが、これは、お酒による一時的な利尿作用によるものなので、病気の心配はないそうです。

しかし、普段、1日に何回もトイレに行くために喉が渇きやすく、無色透明な尿が出る場合は、糖尿病にかかっている可能性が高いそうです。なので、健康な人に比べると、トイレに行く回数も、1日に約15回程度で、夜も約5回程度になるそうです。

スポンサーリンク

尿の色が茶色の場合の病気

こちらも、朝起きてすぐ、運動で汗をかいた後などは、身体の水分が失われて脱水症状の状態なので、尿の色が茶色になる場合があるそうです。

この場合は、水分補給をすれば、尿の色が普通の色に戻りますが、水分補給をしても、色が茶色のままの場合は、尿に血液が混ざっている可能性があるので、腎臓の病気かも知れないそうです。他にも、肝機能に障害がある可能性があるそうです。

まとめ

尿の色がオレンジ色になる原因は、風邪をひいた時に身体の水分が失われて脱水症状の状態になることが原因のようですね。なので、水分補給をしっかりすることで、元の色に戻るそうです。

しかし、無色透明の尿が出た場合は、飲酒時などは、一時的なものなので、心配ありませんが、普段から無色透明の尿が1日に頻繁に出る場合は、糖尿病の可能性が高いようなので、病院で医師の診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク



このページの先頭へ