抜け毛の対策に効果的な食べ物は?豆乳を牛乳の代わりに飲むと良い?

抜け毛対策に効果的な食べ物について説明しています。髪の毛の発育を助ける大豆イソフラボンは豆乳を牛乳の代わりに飲むと最も体に吸収されやすいそうです。

  • 大豆イソフラボンで男性ホルモンを制御する
  • 大豆イソフラボンが入っている大豆食品
  • カプサイシンの唐辛子成分が髪の発毛を促進させる
  • 大豆イソフラボンとカプサイシンの摂取の目安
  • 大豆イソフラボンとカプサイシンの効能

大豆イソフラボンで男性ホルモンを制御する

daizu

大豆イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと似た働きがあり、それによって男性ホルモンが制御され髪の発育を助けてくれるそうです。

また、エストロゲンは、思春期の女性に多く分泌され、女性らしい体型が作られる元になるそうですが、思春期をピークに減少していくそうです。

スポンサーリンク

大豆イソフラボンが入っている大豆食品

isofurabon

大豆イソフラボンはその名の通り、大豆製品の納豆、豆腐、豆乳などに含まれていて、その中でも豆乳は最も体に吸収されやすいそうです。

また、豆乳を牛乳の代わりに飲むことで手軽に体に取り入れることができるそうです。しかも、豆乳は髪の成長を育てる成長ホルモンが多く入っている高タンパク質の食品だそうです。

カプサイシンの唐辛子成分が髪の発毛を促進させる

kapusaisin 

カプサイシンは、唐辛子に含まれている成分で、髪の毛を作り出す細胞を増加させる働きがあるそうです。

また、大豆イソフラボンには、髪の毛を成長させる成長ホルモンが含まれているため、納豆と唐辛子が抜け毛予防に効果があると言われている理由ははこのためだそうです。

大豆イソフラボンとカプサイシンの摂取の目安

syokuzi

大豆イソフラボンは、普通に納豆や豆腐を食べて摂る場合には食べすぎても健康に問題はないそうです。

また、カプサイシンについては、胃腸が弱い人の場合は、食べ過ぎると胃痛を起こす場合があるそうですが、普通に食べる分には食べ過ぎても問題はないそうです。しかし、サプリメントなどで摂取する場合は、説明書の分量を守ることが大事だそうです。

大豆イソフラボンとカプサイシンの効能

kounenki

大豆イソフラボンには、植物性女性ホルモンが含まれていて、更年期障害にも効果があるそうです。

また、納豆などの食品には血液の凝固を押さえるビタミンKが含まれるため、骨を強くし、脳梗塞を予防する働きがあるそうです。

そして、カプサイシンを摂ると中枢神経が刺激を受けアドレナリンなどのホルモン分泌が活発になり、脂肪を分解する酵素が活性化されるそうです。これにより体脂肪が燃焼され、ダイエットにも効果的だそうです。

まとめ

抜け毛を防ぐ方法は、大豆イソフラボンとカプサイシンという2つの成分を取ると効果があるようですね。

また、大豆イソフラボンを効率よく摂るには豆乳を牛乳の代わりに飲むと最も身体に吸収されるのが早いようですね。

そして、カプサイシンに含まれる唐辛子成分を摂ると、中枢神経が刺激を受けて、アドレナリンのホルモン成分の分泌が活発になり、体脂肪を燃焼させるためダイエットにも効果的なようですね。

なので、普段の食事のおかずに大豆食品や唐辛子入りのメニューを一品加えるようにすると良いですね。

おすすめ記事
↓↓↓

白髪の原因は仕事の3つのストレス?パワハラやセクハラが原因?

白髪を抜くとハゲるの?白髪が増える6つの原因!毛根が傷つき危険?

抜け毛が原因の脱毛症の7つの病気は?男性型脱毛症の場合も

髪の洗い方でサラサラにする6つの方法!夜のシャンプーが大事!

髪を洗う1日の回数は何回がベスト?洗いすぎは抜け毛の原因!

スポンサーリンク



このページの先頭へ