抜け毛が原因の7つの病気とは?男性の抜け毛の男性型脱毛症とは?

抜け毛が原因の7つの病気について説明しています。男性型脱毛症、女性男性型脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症、脂漏(しろう)性脱毛症のそれぞれの原因と治療法について説明しています。男性型脱毛症は、進行型の脱毛症なので、医師に相談することが大事です。

  • 男性型脱毛症が原因の場合
  • 女性男性型脱毛症が原因の場合
  • 円形脱毛症が原因の場合
  • 牽引性脱毛症が原因の場合
  • 分娩後脱毛症が原因の場合
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症が原因の場合
  • 脂漏(しろう)性脱毛症が原因の場合

男性型脱毛症が原因の場合

datumousyou

男性型脱毛症が原因の場合は、男性の思春期以降に自然的に発生し、典型的な症状は、前頭部の前髪の後退や頭頂部の髪の薄げにより、地肌が見えやすい状態になるそうです。

また、男性型脱毛症は、進行型の脱毛症であるため、そのまま何もしなでほおっておくと、脱毛の発症部分は必ず進行するので、まずは医師に相談すると良いそうです。

スポンサーリンク

男性型脱毛症の治療法

男性型脱毛症の治療法は、「フィナステリド」という成分を錠剤にした「プロペシア」という治療薬が効果があるそうです。

プロペシアは世界で唯一、医学的な効果が証明されていて、現在では、男性型脱毛症の治療薬として手軽に利用できるようになったそうでうす。

フィナステリドとは

フィナステリドは、元々、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたが、副作用として、異常発毛の症状が出たことから、発毛剤の成分として使用されるようになった。

女性男性型脱毛症が原因の場合

女性男性型脱毛症が原因の場合は、男性の薄げに多い、男性型脱毛症の女性版の脱毛症のことだそうです。

特徴は、加齢に伴い前頭部や頭頂部から次第に髪の毛が薄くなり、髪の毛全体のボリュームも無くなっていくそうです。

また、男性型脱毛症と同じで進行性のため、ほおっておくと症状が悪化するので、適切な治療が必要だ そうです。

女性男性型脱毛症の治療法

女性男性型脱毛症の治療法は、女性が原因の場合は、妊娠、出産、整理周期などに影響を及ぼす可能性があるため、プロペシアの服用が世界的に禁止されているそうです。

しかし、「ミノキシジル」という薬はホルモンにも影響がなく、発毛をしやすく効果があるため、女性男性型脱毛症の治療でも使用されているそうです。

円形脱毛症が原因の場合

円形脱毛症が原因の場合は、頭髪の中に10円玉程度の大きさの円形の脱毛の症状がみられ、大きく拡大していくのが、特徴だそうです。また、円形脱毛症は加齢とは関係なく、どんな人にも起こるそうです。

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症の治療法は、はっきりとした原因が分かっていないため、現在は対処療法が主流の治療法だそうです。また、育毛剤や発毛剤を使用する人が多くいますが、その効果には個人差があるそうです。

ステロイド剤も円形脱毛症の症状を抑える効果があるとされているそうですが、長期間に渡り使用すると副作用が出てくる場合もあるので、ステロイド剤を使用する際は決して自己判断はせずに、医師と相談し、薬の量を決めることが大事だそうです。

牽引性脱毛症が原因の場合

牽引性脱毛症が原因の場合は、女性に多くみられ、髪の毛の分け目、結び目が原因で薄げになり、地肌が目立つ状態になるそうです。

また、エクステをつけていると、髪が常に引っ張られている状態になり、髪や頭皮にダメージを与えてしまうそうです。その他にも、ポニーテール、三つ編み、カチューシャ、お団子ヘア、ヘアアイロン、分け目がいつも同じ場合なども、牽引性脱毛症の原因になる場合があるそうです。

牽引性脱毛症の治療法

牽引性脱毛症の治療法は、まず、頭皮に負担をかける髪型を止めることだそうです。日頃できる対策は、頭皮の血行を良くするシャンプー後にマッサージをしたり、仕事や学校が休みの時などは、髪型を作らずに、髪や頭皮を休ませる時間を作ることが大事だそうです。

しかし、育毛剤は刺激が強すぎるものや効果が無い場合もあるので、使用するときは、刺激の少ない、髪に潤いを与える程度のものが良いそうです。

分娩後脱毛症が原因の場合

分娩後脱毛症が原因の場合は、出産後にみられる脱毛症のことで、特徴は、出産後に一時的に抜け毛が多くなったり、髪が痩せて薄毛になった感じがするそうです。しかし、ほとんどが原因の場合は、目で確認できるほどの極端な脱毛になることはないそうです。

分娩後脱毛症の治療法

分娩後脱毛症の治療法は、妊娠中に髪の栄養が胎児にいくことが原因だそうです。しかし、脱毛の症状が出た場合でも、産後に女性ホルモンのバランスが正常に戻る約6ヶ月程度で徐々に回復するそうです。

また、回復には個人差があり、産後のストレスなどが重なると、円形脱毛症になる場合もあるので、注意が必要だそうです。

粃糠(ひこう)性脱毛症が原因の場合

粃糠(ひこう)性脱毛症が原因の場合は、頭皮のフケが原因で起こる脱毛症だそうです。フケが毛穴を塞いでしまうことで、炎症が起こり、老廃物の排出もうまくいかなくなり、フケを栄養にして、細菌やダニが繁殖するそうです。

粃糠(ひこう)性脱毛症の治療法

粃糠(ひこう)性脱毛症の治療法は、ステロイド剤が最も効果があるとされているそうですが、薬物療法は完治するまで時間がかかったり、慢性化することで、治療が難しくなる場合があるそうです。

なので、薬物療法の前に自然治癒力を上げることが大事で、現在使っているシャンプーの種類を、頭皮に刺激の少ないアミノ酸系に変えることでも効果があるそうです。

そして、食事もビタミンB類を含む食材や、食物繊維を多く含む食材を摂り、脂肪分を多く含む、肉類、ナッツ類、スナック菓子や、味の濃い塩分や糖分を多く含むものは、出来るだけ避けた方が良いそうです。

脂漏(しろう)性脱毛症が原因の場合

keana

脂漏(しろう)性脱毛症が原因の場合は、ホルモンのバランス異常が原因で、皮脂が過剰に分泌され脱毛になるそうです。

また、日本人男性の約3割が脂漏(しろう)性脱毛症の傾向にあり、毛穴に細菌が増殖して、栄養が毛根まで届かなくなり、毛髪が育たなくなることで、抜け毛が多くなるそうです。

脂漏(しろう)性脱毛症の治療法

脂漏(しろう)性脱毛症の治療法は、まず、毛穴に詰まった皮脂を取り除き、毛穴に皮脂が詰まらない状態にすることが大事だそうです。

そのためには、シャンプーで頭皮を清潔な状態に保ち、マッサージで頭を揉んで、頭皮に詰まった皮脂を取り除くと良いそうです。

また、寝具を清潔に保つことも大事で、枕や布団カバーも汚れが目立つ前に洗濯すると良いそうです。そして、飲酒やタバコなども控えストレスを溜め込まないようにすることも大事だそうです。

人気の抜け毛予防シャンプーはこちら
↓↓↓

まとめ

抜け毛が原因の脱毛症の病気は、男性の場合は、男性型脱毛症が思春期以降に多くみられ、年齢が若いほど、悩んでいる人が多いようですね。ですが、プロペシアという薬が効果があるようなので、使用すると良いですね。

しかし、女性に多い、女性男性型脱毛症が原因の場合は、症状は男性の男性型脱毛症と似ていますが、プロペシアの使用は禁止されているようですね。その場合は、ホルモンに影響がないミノキシジルという薬を使用すると良いようですね。

おすすめ記事
↓↓↓

白髪の原因は仕事の3つのストレス?パワハラやセクハラが原因?

白髪を抜くとハゲるの?白髪が増える6つの原因!毛根が傷つき危険?

髪の乾かし方の6つのコツ!髪がはねないように乾かす方法は?

髪を洗う1日の回数は何回がベスト?洗いすぎは抜け毛の原因!

頭がかゆい時の原因はストレス?5つの病気の可能性も

スポンサーリンク



このページの先頭へ