眠気を覚ます6つ方法!仕事中の昼食後は仮眠をとり効率を上げよう!

眠気を覚ます6つ方法を説明しています。冷たい水で洗顔する、スッキリ系の目薬をさす、ガムを噛んで脳を刺激する、カフェイン入り飲料を飲む、少し仮眠をとる、眠気を覚ますツボを押すなど、それぞれの方法について紹介しています。最後に、眠気を覚ますのに効くツボの5つの場所と押さえ方も説明しています。

スポンサーリンク

眠気を覚ます方法

nemuke

  • 冷たい水で洗顔する
  • スッキリ系の目薬をさす
  • ガムを噛んで脳を刺激する
  • カフェイン入り飲料を飲む
  • 少し仮眠をとる
  • 眠気を覚ますツボを押す

冷たい水で洗顔する

冷たい水で洗顔することで、一時的に体温の低下が止まるため、眠気が覚めるそうです。これは、脳が体全体が冷えてしまったと錯覚を起こしてしまうからだそうです。逆に暖かい物を飲むと眠くなります。

スッキリ系の目薬をさす

スッキリ系の目薬をさすと、どこでも直ぐ使用できて、それなりに即効性もあるので、会社の会議の前や学校の授業の前に手軽に使えて便利です。

しかし、目薬の種類によっては眠気対策に効果が薄いものもあるので、用途に合ったものを選びましょう。

ガムを噛んで脳を刺激する

ガムを噛んで脳を刺激すると、顎の運動で脳が刺激を受け、血液の循環が良くなり、眠気覚ましに効果があるそうです。

特にカフェイン、メントール、キシリトールといった成分が入っているガムが効果的だそうです。おすすめのガムはロッテの「ブラックブラック」で、強力なカフェインとメントールが含まれているそうです。

カフェイン入り飲料を飲む

カフェイン入り飲料を飲むと、脳の中にある「アデノシン」という脳の活動を抑え、眠気を起こす物質の働きを抑える効果があるそうです。

また、カフェインは交感神経を刺激し、ハイな気分にさせる覚醒作用があるので、眠気覚ましにとても有効だそうです。しかし、日常的にコーヒーやお茶などでカフェインをとっている人は、あまり効果がない場合があります。

少し仮眠をとる

少し仮眠をとることで、眠気対策になるそうです。昼の15分の睡眠は、夜の睡眠の3時間くらい寝たときと同じ程度の効果があるそうです。

午後の仕事や勉強の効率を上げるためにも、昼食後に短い仮眠をとるといいですね。

スポンサーリンク

眠気を覚ますツボを押す

眠気を覚ますツボを押すと、頭と体の血行が良くなり眠気覚ましに効果的だそうです。

風池(ふうち)

¦C¦L

風池は、うなじの外側のへこんだ髪の生え際部分にあり、この風池を刺激することで脳の刺激を促進し、眠気を吹き飛ばす効果がある。

睛明(せいめい)

seimei

睛明は、目頭と鼻の付け根の骨との間にあり、目が疲れたときに押さえる所で、指の腹を当てて押し込むように刺激する。

中衝(ちゅうしょう)

tyuusyou

中衝は、手の中指の爪の生え際の親指側の方にあり、強く長めに刺激する。

合谷(ごうこく)

goukoku

合谷は、手の甲側の、中指と親指の間の骨の付け根部分にあり、強く長めに刺激する。

百会(ひゃくえ)

hyakue

百会は、頭のてっぺんの、両耳と鼻が交わる延長線上にあり、指の腹で下方向に、心地よく感じる強さで押す。このとき、あまり強く押さないように注意が必要。

まとめ

管理人も最近、昼食後に15分程、軽く仮眠をとっていますが、たしかに午後は頭がスッキリしていいですね。昼食後の仮眠はおすすめです。

おすすめ記事
↓↓↓

不眠を解消する簡単な9つの方法!

睡眠中のよだれを防ぐ4つの対策!顎の筋肉を鍛えよう

熱帯夜の対策で役立つグッズは?快適に眠る方法は?

耳の奥がかゆい時の5つの原因と対処法!耳かきはやりすぎない

これで睡魔を撃退!眠気覚ましに効果的な方法まとめ

スポンサーリンク



このページの先頭へ