耳かきのコツと一人でやる時の注意点は?やり過ぎると危険な理由は?

耳かきコツ一人でやる時の注意点を説明しています。まず、耳かきの種類を説明し、耳垢のタイプについても紹介しています。また、耳かきを奥まで入れないことが大事で、耳かきの頻度についても説明しています。最後に、耳かきのやりすぎは危険な理由について説明しています。

スポンサーリンク

 

  • 耳かきの種類は?
  • 耳垢のタイプは?
  • 耳かきのコツは?
  • 耳かきを奥まで入れない
  • 耳かきの頻度は?
  • 耳かきのやりすぎは危険

耳かきの種類は?

へら型

heragata

へら型は、江戸時代には既に商品として販売されていて、日本人に最も馴染み深いのがへら型です。竹製のものが一般的ですが、最近は使い心地がひんやりした、金属製のものも人気があるそうです。乾燥タイプの耳垢を取るのに向いているそうです。

綿棒

menbou

綿棒は、柔らかい綿で出来ているため、耳を傷つけづに、耳垢を取ることができます。しかし、あまり力を入れすぎると耳の皮膚を傷めてしまうので、注意が必要です。

ワイヤー型

waiya

ワイヤー型は、ワイヤーの細い金属できていて、耳垢をひっかけるようにして取るのが特徴です。また、作りが比較的大きいため、耳の奥まで入らずに耳を傷付けることがないそうです。

スクリュー・コイル・らせん型

sukuryu

スクリュー・コイル・らせん型は、先の方がネジの形で凹凸があり、その溝で耳垢をこそぎ落としていくそうです。しかし、耳の奥まで入りやすいため、注意しないと、耳を傷付ける危険があるそうです。

イヤースコープ型

eyascorp

イヤースコープ型は内視鏡で自分の耳の中を確認しながら、耳かきをするハイテクな製品。

耳垢のタイプは?

乾燥タイプ

乾燥タイプは、日本人に一番多く、乾燥したかさぶた状で、耳の汗腺から出る分泌物が少ない。

湿ったタイプ

湿ったタイプは、欧米人に多く見られ、日本人全体の割合は、約16%と言われている。

スポンサーリンク

耳かきを奥まで入れない

耳掃除は、耳の入り口から1センチ程度をするようにするのが、大事で、それより奥に入れると、鼓膜を傷付ける可能性があるそうです。また、耳かきを奥まで入れると、外耳炎難聴になる危険性もあるそうです。

外耳炎とは

外耳炎は、耳の穴から鼓膜までを「外耳」と呼び、この部分に炎症が起こることを言う。

難聴とは

難聴は、人の話し声が聞きにくい状態のことで、高音域が聞こえにくくなったり、逆に低音域が聞こえにくくなったりすること。

耳かきのコツは?

耳かきのコツは、最初はへら型などの硬いタイプのものは避けて、柔らかい綿棒を使った方が耳の内部を傷付ける心配もなく良いそうです。

また、綿棒の片側を少し濡らして耳を掻いた後に、反対側の乾いた方でもう一度、掻くとと良いようです。それと、お風呂上りなども耳垢がふやけた状態になっているので取れやすいそうです。

綿棒の耳かきに慣れてたら、市販の色々なタイプを試してみて、自分に合ったタイプの耳かきを選のが良いそうです。

耳かきの頻度は?

耳かきの頻度は、2週間に1回程度で良いそうです。耳には自浄作用があるため、耳垢が溜まると、勝手に外に排出する働きがあるそうです。

耳かきのやりすぎは危険

耳かきを何度もやり過ぎると、耳の皮膚を傷付けて、そこからウイルスが進入する可能性もあるそうです。そうなると、耳かきの度に、出血や耳だれと呼ばれる膿が出てくるようになり、最悪の場合は手術が必要になることもあるそうです。

人気のイヤースコープ型の耳かきはこちら
↓↓↓

まとめ

耳かきのコツは、お風呂上りの耳垢がふやけている時にすると、取れやすいようですね。

また、耳かきをやり過ぎると、耳の皮膚が傷つきそこからウイルスが進入すると、手術が必要になる場合もあるそうなので、注意が必要ですね。

しかし、耳かきは気持ちが良いので、ついつい癖になり、やってしまいますよね。しかし、毎日やり過ぎると、知らないうちに耳にダメージが蓄積されていくので、耳かきは多くても2週間に1回程度を心がけたいですね。

おすすめ記事
↓↓↓

耳の奥がかゆい時の5つの原因と対処法!耳かきはやりすぎない

お腹が鳴る時の2つの病気の可能性,過敏性腸症候群とは?

げっぷが多い時の4つの病気の可能性,呑気症とはどんな病気?

物忘れがひどい時の7つの病気の可能性とは?若年性健忘症かも?

目がかすむ時の5つの病気と治療法!早期発見が大事

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ