耳垢が湿っているのを治す方法は?耳掃除の頻度が多いと湿りやすい?

耳垢湿っているのを治す方法について説明しています。耳垢が湿っているのは体質が原因の場合があるそうです。しかし、耳垢が一時的に湿る場合は改善できるそうです。耳掃除の頻度が多い場合も湿るそうです。また、耳垢が湿っている人の耳かきのやり方も紹介しています。綿棒は黒いものを使うと耳垢が分かりやすく便利だそうです。

スポンサーリンク

耳垢が湿っているのは体質が原因

耳垢が湿っている原因は、耳にあるアポクリン腺の汗の分泌が活発になることで、耳垢が湿るそうです。しかし、このアポクリン腺の汗の分泌を抑えることはできないので、体質によりこのアポクリン線の活動が活発な人の耳垢が湿るのを治すことはできないそうです。

耳垢が一時的に湿る場合は改善できる

アポクリン腺の汗の分泌以外で、普段は耳垢が乾燥しているのに、耳かきの頻度が多いことが理由で耳垢が湿ってしまう人は、耳かきの頻度を減らすことで、症状が改善できる場合があるそうです。

スポンサーリンク

耳掃除の頻度が多い場合

普段の耳掃除の頻度が多い場合は、耳の中の皮膚が敏感になってしまい、汗腺が刺激を受けて、汗が過剰に分泌してしまうそうです。なので、普段の耳掃除の回数を減らして、耳の皮膚を刺激しないことが、耳垢の湿りを改善することに繋がるそうです。

耳垢が湿っている人の耳かきのやり方

loop

耳垢が湿っている人の耳かきのやり方は、まず、専用の耳かきで、耳の入り口周辺の産毛に付着している耳垢を掃除します。その後に綿棒を使い耳の中の側面に付着している湿った耳垢を拭き取ると良いそうです。また、耳垢が湿っている人の専用の耳かきは、先端に2~3段のワイヤーがループ状についているループ型の耳かきが良いそうです。

人気のループ型の耳かきはこちら
↓↓↓

綿棒は黒いものを使うと便利

耳かきの綿棒は白いものより黒いものを使うと、耳垢が付着しているのが分かりやすく、耳かきを必要以上にやらなくてすむので良いそうです。また、普通のサイズの綿棒より、先端が細いタイプの綿棒を使うと、耳垢が奥に押し込まれるのを防ぐことができるので、おすすめだそうです。

まとめ

耳の中にあるアポクリン線から分泌される汗の量が多い人が耳垢が湿るようですね。しかし、これはその人個人の体質によるものなので、改善するのは難しいようです。

また、アポクリン線の汗の分泌以外で耳垢が湿る原因は、耳かきのやり過ぎにより、耳の中の皮膚が敏感になってしまい、汗腺が刺激されることが、耳垢が湿る原因になっているようですね。

しかし、耳には自浄作用があり、自然に耳垢が外に追い出されるようになっているので、耳かきは月1回程度で良いそうです。

そして、耳垢が湿っている人の耳かきをする時は、ループ状の耳かきを使い、仕上げに通常より細いタイプの黒い綿棒を使うことで、耳の中を傷つけずに効率よく耳掃除ができるようですね。

おすすめ記事
↓↓↓

耳垢の取り方で奥の方はどうやって取るの?耳鼻科で取ると安全?

耳かきのコツと一人でやる時の注意点!やり過ぎると危険な理由

鼻血の止め方は冷やすと良いの?保冷剤を顔に当てて血管を縮める?

鼻血の原因で大人の場合は?突然出て止まらない時は病気の可能性も?

鼻血が止まらない時の4つの病気と鼻血の止め方!高血圧の場合も

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ