空気清浄機の電気代は高いの?節電方法と使い方の2つのコツ!

空気清浄機電気代高いのか、節電方法と使い方の2つのコツを説明しています。空気清浄機の、清音モード、弱モード、強モード、急速モード、ターボモードのそれぞれの電気代を調べました。そして、空気清浄機の節電方法は、不在時には電源を切った方がいいそうです。最後に、空気清浄機の使い方のコツを紹介しています。

  • 空気清浄機の電気代は高いの?
  • 空気清浄機の節電方法
  • 空気清浄機の使い方のコツ

空気清浄機の電気代は高いの?

kuukiseizyouki

空気清浄機を1時間使用した場合と24時間つけっぱなしの場合と、1ヶ月つけっぱなしにした場合の電気代を調べてみました。

空気清浄機の電気代(東京電力)
清音モード 4w:1時間で約0.4円、24時間で約2.5円、1ヶ月で約74.6円
弱モード 4.7w:1時間で約0.5円、24時間で約2.9円、1ヶ月で約87.8円
強モード 6w:1時間で約0.7円、24時間で約3.7円、1ヶ月で約111.9円
急速モード 10.3w:1時間で約1.1円、24時間で約6.4円、1ヶ月で約192.1円
ターボモード 33w:1時間で約3.7円、24時間で約20.5円、1ヶ月で約615.6円

空気清浄機の節電方法

空気清浄機は、メーカーにより24時間稼動を推奨しているところもありますが、人のいない風のない状態では、殆どの花粉やホコリは、徐々に床に溜まります。

スポンサーリンク

なので不在時には電源を切った方が良いそうです。また、空気清浄機の自動モード使用時には、汚れの度合いにより、風量が切り替わるので、電気代も変動するそうです。

空気清浄機の使い方のコツ

空気清浄機を使い、消臭効果や、花粉、ホコリなどのハウスダスト対策を効率的にしましょう。

消臭効果

空気清浄機をタバコや焼肉などの臭いの強いものの消臭に使う時は、イオン消臭系の機種で風量を最大にして一気にイオン濃度を高めると効果があるそうです。

花粉、ホコリ、などのハウスダスト対策

花粉、ホコリ、などのハウスダスト対策は、空気清浄機の風量を最大にして、一機に掃除すると効果があるそうです。

しかし、掃除機だけを使用すると排気が床に溜まった花粉やホコリなどのハウスダストを撒き散らしてしまうため、注意が必要です。

なので、部屋のハウスダストを掃除する時には空気清浄機と掃除機を併用すると良いそうです。

人気の空気清浄機はこちら
↓↓↓

まとめ

空気清浄機の電気代は、1ヶ月つけっぱなしで使用しても、大抵の場合は100円台ですむようですね。花粉やインフルエンザなどが流行る時期には、空気清浄機を24時間つけっぱなしにして使用する方が、健康にも良く電気代もそんなにかからないので良いですね。

おすすめ記事
↓↓↓

花粉症の空気清浄機の効果は?3つのタイプと効果的な置き場所

花粉症の症状でのどが痛い時の3つの原因と対処法!加湿器を使う

花粉症のレーザー治療の効果と期間は?治療で気をつけることは?

鼻がむずむずする時の5つの原因!アレルギー性鼻炎の疑いも?

くしゃみが止まらない!?しかも風邪じゃない場合の4つの原因

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ