唇を噛む癖を直すにはどうするの?唇を噛むと出っ歯の原因になるの?

直すにはどうすればいいのか説明しています。唇を噛む原因はストレスと関係があり、唇を噛む心理状態についても説明しています。また、下唇を噛む癖があると出っ歯になりやすく、矯正治療することで、下唇を噛みにくい状態にりますが、幼児期に出っ歯に気付いたら、早めに矯正治療を受けましょう。

スポンサーリンク

唇を噛む原因はストレス?

kutibirukamu

唇を思わず噛んでしまう癖のある人は、ストレスが原因になっている場合があるそうです。また、ストレスは、精神的なことや肉体的なことが原因で溜まるので、両方のストレスを上手に解消することが重要だそうです。

まず、身体に溜まった疲労を回復するためには、十分な睡眠を取ることが大事で、午後10時~午前2時の間は、最も深い眠りに入ることができ、疲れも取れるそうです。

そして、心のストレスを取るには、自分の趣味にぼっとうしたり、軽いウォーキングをしたりカラオケで、好きな歌を大声で歌うことも、ストレス発散に効果があるそうです。

唇を噛む心理状態は?

人間はストレスが溜まると、唇に力が入っていまい、その状態が続くと、唇を噛むようになるそうです。他には、唇を舐める癖のある人は、母親からの授乳の名残と言われていて、愛情表現を表しているという説があるそうです。

また、舌をペロッと出す表現は、家族や親しい人の前でしか見せないと言われていて、これも、愛情表現の一種だそうです。

スポンサーリンク

下唇を噛む癖があると出っ歯になる

下唇かむ癖は、赤ちゃんの頃の指しゃぶりの影響で起こり、下唇を噛むことで、心の不安をリラックスさせているそうです。

また、下唇を噛む癖の影響として、前歯が斜め前方に傾き、下の歯が内側に引っ込むために、噛み合わせが悪くなったり、出っ歯の原因になるそうです。そして、出っ歯になると、口が閉じ難くなるため、口呼吸の原因にもなるそうです。

出っ歯を矯正治療する

deba

下唇を噛む癖を直すには、出っ歯を矯正治療することで、自然と下唇を噛みにくい状態になるため、唇を噛む癖もなくなりやすいそうです。また、幼児期に下唇を噛む癖があると、出っ歯になりやすため、家族が気付いたら早めに矯正治療することで、出っ歯を治すことが出来るそうです。

そして、子どもにも、下唇を噛む癖があると、出っ歯になりやすいということを説明して、その下唇を噛む癖を直すように教育することも大事だそうです。

まとめ

唇を噛む癖は、ストレスが溜まると、唇に力が入り、思わず唇を噛み締めてしまうようですね。また、幼少期の頃の指しゃぶりの影響で、唇を噛んでしまう癖がついてしまうようですね。

しかし、下唇を噛むことで、出っ歯の原因になるので、もし、前歯が前方に傾き出していると家族が気付いたら、早めに歯の矯正治療を受けさせて、今後は子どもに唇を噛む癖を直すように教育することが大事ですね。

おすすめ記事

顎の関節が痛いときの病気は何?顎関節症の治療法と予防法を紹介!

歯石の取り方で自分で取る方法は?手動スケーラーの使い方と注意点!

子供の口内炎が治らない時の病気は?歯科で軟膏を処方してもらう

口内炎の原因で舌の側面にできる理由は?口の中を噛んで傷つけない

口臭を改善する4つの食べ物!野菜の植物繊維は口臭を防ぐ

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ