首の痛みで後ろが痛くて寝れない原因は?首にしこりがないか調べる?

痛み後ろが痛くて寝れない原因について説明しています。まず、首の後ろにしこりがあるか調べましょう。そして、悪性リンパ腫の場合は非常に危険だそうです。また、首のしこりの硬さを調べることも大事です。首にしこりが無い場合の痛みの原因についても説明しています。スマホが原因のストレートネックの場合もあるそうです。

スポンサーリンク

首の後ろにしこりがある場合

kubiitami

首の後ろが痛い時に、首にしこりがある場合は、首のリンパ管のリンパ節が腫れている可能性があるそうです。このリンパ節の腫れの原因は、体内に侵入してきた病原菌と戦っているために起こるそうです。しかし、これは体のリンパ節が正常に働いている証拠だそうです。

悪性リンパ腫は危険

首の痛みの原因はリンパ節が病原菌と戦っているのが原因と説明しましたが、同じ首の痛みでも悪性リンパ腫と呼ばれるものは、血液の癌として有名で、自覚症状もあまりないため、癌細胞がリンパ液により、全身に流れてしまうそうです。このために癌の転移が他の癌よりも早く、早期発見をすることがとても需要だそうです。

首のしこりの硬さを調べる

首の後ろに痛みを感じた時は、まず、どこが痛むのか手で押さえて、しこりがある場合は、その大きさや硬さを調べることが大事だそうです。そして、しこりが少しずつ大きくなり、触っても弾力性が無い場合は、癌の危険性があるそうなので、早急に病院で医師の診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

首にしこりが無い場合の痛みの原因は?

首の後ろが痛い時に、手で触ってもしこりが無い場合は、ストレス、疲労、緊張などにより、首の周辺の筋肉が硬くなり筋肉痛を起している場合があるそうです。なので、この痛みを解消するには、適度な運動や首のストレッチやマッサージをすることで、首周辺の筋肉がほぐれて、痛みが和らぐそうでう。

スマホが原因のストレートネックの場合も

straight_neck

スマホを操作する時の姿勢が原因で、ストレートネックと呼ばれる首の痛みの可能性もあるそうです。このストレートネックは、スマホの画面を見るときに、どうしても顔が下を向いてしまうため、首の骨が真っ直ぐに変形するために痛みが出てくるそうです。なので、このストレートネックを避けるためには、スマホを出来るだけ顔と同じ高さに持っていき、画面を操作することが大事だそうです。

★人気のストレートネック対応の枕はこちら
↓↓↓

 

まとめ

首の後ろが痛い時は、まず最初に首にしこりがないか調べることが大事なようですね。そして、しこりが少しずつ大きくなって、硬く弾力性が無い場合は、癌の危険性があるので、急いで、病院で医師の診断をうけましょう。

また、手で触ってもしこりが無い場合は、ストレスや体の疲れによる、首の筋肉痛の場合が多いので、マッサージなどで首周辺の筋肉をほぐすことで痛みが和らぐので、是非、実践しましょう。

最期にスマホの操作が原因でストレートネックになっている可能性もあるので、首に負担がかからないように、スマホを顔の高さまでもっていき画面を操作するように心がけたいですね。

おすすめ記事

首の付け根が痛い時の原因は?整形外科の神経ブロック療法が効果的!

首を寝違えた時の治し方は湿布を使うの?横向きに寝るのが原因?

スマホが原因で首に負担がかかる症状は?ストレートネックに注意

スマホの肩や腕の痛みの原因は?巻き肩をストレッチで改善する

スマホで目が悪くなる2つの理由は?視力低下を防ぐ6つの方法

スポンサーリンク



このページの先頭へ