口臭の原因の胃の病気を改善するには?ピロリ菌を薬で除菌する

口臭の原因の胃の病気を改善するにはどうすれば良いのか説明しています。まず、胃で発生する悪臭について説明し、口臭が発生する胃の病気は何なのか説明してます。また、ピロリ菌が口臭の元凶になっているそうです。最後に、ピロリ菌の除菌方法について紹介しています。薬の服用で、約75%の人がピロリ菌の除菌に成功しているそうです。

  • 胃で発生する悪臭とは?
  • 口臭が発生する胃の病気は?     
  • ピロリ菌が口臭の元凶

胃で発生する悪臭とは?

kousyuu

胃には食道との間に弁があり、胃の臭いが直接食道を通って口から臭うことはないそうです。しかし、胃の中で食べたものが消化不良になると、発酵し悪臭が発生するそうです。

そして、その胃の中の悪臭が血液中に吸収されて、最終的に肺から呼吸といっしょに口臭が排出されるそうです。

スポンサーリンク

口臭が発生する胃の病気は?

胃や腸の病気が原因で口臭が疑われるそうです。その病気は、急性胃炎、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ピロリ菌などにあるそうです。

急性胃炎

急性胃炎は、刺激物、飲み薬、感染症などが原因で急激に起こる胃の炎症のことだそうです。

また、食物アレルギーを持っている人にも起こり、暴飲暴食や薬の乱用を繰り返すと慢性胃炎になる場合があるので注意が必要だそうです。

慢性胃炎

慢性胃炎は、ストレスや乱れた食生活によって、胃が荒れて慢性的に胃炎を起こすそうです。そして、慢性化しているので、常に口臭が臭くなる原因になるそうです。

胃潰瘍

胃潰瘍は、胃酸によって胃の粘膜の表面がただれてしまうそうです。胃酸が多くなる原因は、ストレス、喫煙、飲酒による胃酸過多で、口臭以外にも食欲不振や胸焼けなども起こすそうです。

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍は、胃酸によって胃と腸をつなぐ十二指腸で胃がただれて潰瘍が起こるそうです。十二指腸潰瘍は空腹時に起こることが特徴で、口臭も発生するそうです。

ピロリ菌が口臭の元凶

ピロリ菌は、胃の中にいる細菌のことで、胃の様々な病気や口臭を引き起こす元凶だそうです。

また、ピロリ菌の感染経路はほとんどの場合は口を通して感染し、多くの場合は、子供の時の免疫力が弱いときに感染するそうです。

他にも、赤ちゃんの時に親から口移しで食べ物を食べたり、幼稚園などで、他の子供の嘔吐物に触れてしまい、そのまま手を洗わずに食事をすることでも、ピロリ菌に感染してしまうそうです。

ピロリ菌の除菌方法

kusuri

ピロリ菌を除菌する方法は、薬を服用することにより、約75%の人がピロリ菌の除菌に成功するそうです。

また、一回目の除菌に失敗しても、もう一度、一定期間をおき薬を服用すれば約95%の人が除菌に成功しているそうです。

現在は、ピロリ菌の再感染率は約2~3%とかなり低いようですが、ピロリ菌が原因で危険な胃の病気になり、口臭の原因にもなるので、胃の検査は定期的に受けた方が良いそうです。

まとめ

口臭の原因は胃の中にいるピロリ菌という細菌が、胃の様々な病気や口臭を引き起こす元凶のようですね。

しかし、薬を服用することで、約95%の人がピロリ菌の除菌に成功しているようなので、口臭に悩んでいる人は、一度、病院で検査を受けた方が良さそうですね。

おすすめ記事
↓↓↓

口臭を改善する4つの食べ物!野菜の植物繊維は口臭を防ぐ

口臭の5つの原因と対策!口呼吸を止めて鼻呼吸を習慣づける

二日酔いの頭痛の時にロキソニンを飲んで良いの?副作用に注意

歯茎から出血する6つの原因と予防法!歯周病の初期なら治る

あくびが多い時の4つの病気の可能性とは?低酸素血症の疑いも?

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ