口内炎の薬で市販薬のおすすめはこの4つ!口内炎パッチが人気

口内炎市販薬おすすめを4つを説明しています。口内炎の市販薬は、口内炎パッチ大正A 10パッチ、ケナログA口腔用軟膏、トラフル錠、チョコラBBプラスの4つが人気がります。それぞれの効果と評判を紹介しています。食べる時に痛みを感じなくするには、口内炎に直接貼るパッチタイプがおすすめです。

口内炎の薬で市販で買えるもの

  • 口内炎パッチ大正A 10パッチ
  • ケナログA口腔用軟膏
  • トラフル錠
  • チョコラBBプラス

口内炎パッチ大正A 10パッチ

taisyou

口内炎パッチ大正A 10パッチは、口内炎に直接貼るパッチタイプの治療薬です。有効成分が唾液で流れ難く、優れた粘着力を持つため、幹部からの痛みをガードします。

スポンサーリンク

口内炎パッチ大正A 10パッチの評判は?

口内炎パッチ大正A 10パッチは、塗るタイプの薬と比べると取れ難いので効果が続くそうです。就寝時は剥がれて飲み込んでしまう場合があるかもしれないので、就寝時には使用しない方がいいそうです。

ケナログA口腔用軟膏

kenalogu

ケナログA口腔用軟膏は、副腎皮質ステロイドの作用により、口内炎の炎症を抑えて、口内炎の痛みを改善します。副作用として、口腔の感染症、過敏症、味覚減退などの症状が出る場合があります。

副腎皮質ステロイドとは

ステロイ薬は、強力な抗炎症作用でさまざなな疾患に対して、強力な効果を発揮しますが、その反面で副作用の多い薬剤です。

口腔とは

口腔は、口から喉までの空洞部分のことをいう。

ケナログA口腔用軟膏の評判は?

マウスウォッシュなどで口をすすいだ後にケナログA口腔用軟膏を塗ると治りが早いそうです。しかし、患部に塗るタイプなので、口内のべた付きが苦手な方は、貼るタイプの「口内炎パッチ大正A 10パッチ」をおすすめします。

トラフル錠

torafulu

トラフル錠は薬を飲んで口内炎を治す錠剤タイプです。抗炎症成分のトラネキサム酸が炎症の元に作用して痛みと腫れを抑えます。

トラネキサム酸とは

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、抗炎症、抗アレルギーに効果があります。元々は湿疹の治療や血止めの目的で使われていました。現在はシミ、そばかすの治療や美白効果のある化粧水にも使われています。

トラフル錠の評判は?

口内炎に直接貼ったり、塗るタイプに抵抗がある方は、この錠剤タイプを購入しているようです。寝る前に飲んで翌朝には小さくなっていた方や、4日飲み続けてやっと痛みが無くなったという報告もあります。薬を飲んだタイミングにより個人差があるようです。

チョコラBBプラス

bbplus

チョコラBBプラスは、PerfumeがCMキャラクターを努めている錠剤タイプの薬です。皮膚のビタミン剤と呼ばれている、活性型ビタミンB2をはじめ、有効なビタミン郡をバランスよく配合しています。

活性型ビタミンB2とは

活性型ビタミンB2は、皮膚や粘膜のビタミンとも呼ばれ、口内炎の症状緩和には欠かせません。ビタミンB2は体内で作られないため、こまめに補給することが大切です。

チョコラBBプラスの評判は?

口内炎や疲れが溜まったときに飲むと、4~5日目にはほとんど効いている方や、即効性がありすぐ効いたという方もいます。しかし、いずれも疲れにもよく効くという声が多いですね。口内炎だけではなく疲れやすい方にもいいようです。

まとめ

口内炎の薬で市販で買えるものを紹介しました。口内炎パッチ大正A 10パッチが一番人気があるようですね。

やはり口内炎は物を食べるときに痛いので、貼った直後から痛みを感じずに安心して食べられるのが大きいですね。

ケナログA口腔用軟膏はステロイド剤が入っていて、効き目は強力ですが、副作用があります。心配な方は他の薬を使用した方が安心ですね。

口内炎が最大まで大きくなってしまった場合は、食べ物を食べれないほど痛みがあるので、貼ったらすぐ痛みをガードしてくれる口内炎パッチ大正A 10パッチをおすすめします。

口内炎を治して疲れも取りたい方は、活性型ビタミンB2配合のチョコラBBプラスがいいですね。

これらの口内炎の薬の市販薬を活用し、あの煩わしい痛みを早く治しましょう。

おすすめ記事
↓↓↓

口臭の5つの原因と対策!口呼吸を止めて鼻呼吸を習慣づける

歯茎から出血する6つの原因と予防法!歯周病の初期なら治る

歯痛の応急処置に効く市販薬3つ!ロキソニンSをネットで買う

歯がしみるときの原因は?冷たいものが食べれない

しゃっくりを止める方法!病気の可能性は?数日間続く時は危険

スポンサーリンク



このページの先頭へ