口内炎の治し方で即効性がある4つの方法とは?瞬時に痛みが取れる?

口内炎治し方即効性がある4つの方法について説明しています。まず、塩水でうがいをして口内を殺菌することが大事です。次に、ハチミツを塗り口内炎をコーティングする方法もあります。また、ケナログ軟膏を塗り口内炎を治すこともできますが、レーザー治療で瞬時に痛みをとることも可能だそうです。

  • 塩水でうがいをして口内を殺菌する
  • ハチミツを塗り口内炎をコーティングする
  • ケナログ軟膏を塗り口内炎を治す
  • レーザー治療で瞬時に痛みをとる

塩水でうがいをして口内を殺菌する

塩水には、細菌を殺菌し、痛みや炎症を緩和する効果があるそうです。やり方は、コップにぬるま湯と塩をひとつまみ入れて、30秒ほどうがいをしますが、この時に冷たい水や熱いお湯だと、患部に刺激を与えるので注意が必要だそうです。

また、うがいをするタイミングは、食後の歯磨きの後で、1日数回程度うがいで洗浄すると良いそうです。

スポンサーリンク

ハチミツを塗り口内炎をコーティングする

hatimitu

ハチミツを口内炎に塗りコーティングすることで、殺菌効果があり、新たな殺菌の侵入を防ぐことができるそうです。

やり方は、ハチミツをそのまま塗ると痛いので、水で少し薄めてから綿棒で優しく塗ると良いそうです。

また、塗るタイミングは、うがいと同じで食後の歯磨きの後で、1日数回程度塗ると良いそうです。

ケナログ軟膏を塗り口内炎を治す

ケナログ軟膏は、口内炎の市販薬の代表的な薬で、ドラッグストアや通販などでも購入できるそうです。

使い方は、歯磨きで口内をキレイにした後、口内炎の患部の水分をティシュで拭き取り、綿棒に小豆大程度のせてかぶせると良いそうです。

これを、食後と就寝前の1日4回程度繰り返す塗ると、2~3日で口内炎が小さくなり始め、痛みも和らぐそうです。

レーザー治療で瞬時に痛みをとる

rezer

レーザー治療は、歯科や口腔(こうこう)外科で行う治療方で、口内炎にレーザーを照射することで、瞬時に痛みがなくなるそうです。

通常は、10~2週間程度、口内炎の痛みは続きますが、レーザー治療すると数日で完治するそうです。

治療費は、病院によって異なるそうですが、500円~3000円程度でできるそうです。

しかも、レーザー治療は、副作用もなく安全で妊婦や子供でも安心して行え、一瞬で痛みを取り除くことができるため、口内炎がなかなか治らない方はレーザー治療を検討するのも良いそうです。

まとめ

口内炎の治し方で一番即効性のあるのはレーザー治療で、副作用もなく妊婦や子供でも安全に治療できるようですね。

治療費も500円~3000円程度でできるそうなので、我慢できないほど痛く、食事を摂るもの苦痛な方は、瞬時に痛みがとれるレーザー治療が良いようですね。

おすすめ記事
↓↓↓

口内炎の薬で市販薬のおすすめはこの4つ!口内炎パッチが人気

口臭の原因の胃の病気を改善するには?ピロリ菌を薬で除菌する

口臭の5つの原因と対策!口呼吸を止めて鼻呼吸を習慣づける

歯茎から出血する6つの原因と予防法!歯周病の初期なら治る

歯がしみるときの原因は?冷たいものが食べれない

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ