子供の口内炎が治らない時の病気は?歯科で軟膏を処方してもらう

子供の口内炎が治らない時の病気について説明しています。ベーチェット病、白血病、天疱瘡、舌癌の可能性があるそうです。また、それぞれの病気の特徴的な症状についても紹介しています。口内炎が3週間以上も治らない場合は、舌癌の疑いがあるようなので、医師の診断を受けましょう。

スポンサーリンク

子供の口内炎が治らない時の病気は?

kounaien

子供の口内炎の原因は、栄養不良やストレスなどだそうです。また、痛さのあまり、歯磨きをしなくなると、そこからウイルスが侵入して2次感染を引き起こす可能性もあるそうです。なので、うがいで口の中を清潔に保ち十分な休養を取る事が必要だそうです。

そして、子供の口内炎の場合の多くは、歯科を受診して軟膏を処方してもらうと直りが早いそうですが、大人の口内炎の場合は、舌癌などの深刻な病気の可能性があるそうです。

  • ベーチェット病の場合
  • 白血病の場合
  • 天疱瘡(てんぽうそう)の場合
  • 舌癌の場合

ベーチェット病の場合

ベーチェット病の場合は、特定疾患に指定されている難病で、病名はこの症状を最初に報告したトルコの医師から取られたそうです。

また、症状はアフタ性口内炎や眼症状があり、ベーチェット患者のほとんどに口内炎の症状が繰り返し見られるそうです。

そして、目の症状は、重症化すると失明の危険性もあるそうです。また、薬は開発されているそうですが、原因は不明で完治する治療法はまだ見つかっていないそうです。

スポンサーリンク

白血病の場合

白血病の場合は、初期に口内炎ができることが多いそうです。また、口内炎は短期間に何度もができたり、一箇所に集中してできることが特徴で、ニキビや湿疹などの皮膚症状も同時に見られるそうです。

この口内炎の原因は、白血病による免疫力の低下が原因でヘルペスウイルスに感染し、口内炎が多発するそうです。

天疱瘡(てんぽうそう)の場合

天疱瘡は、健康な皮膚に突然さまざまな大きさの水疱ができる病気だそうです。また、天疱瘡の原因は血液中に含まれるタンパク質の一部が、自分の皮膚を攻撃するために痛んでしまい、口内炎を発症してしまうそうです。

しかし、タンパク質がなぜ、このような攻撃をするのか原因はまだ解明されていないそうです。

可能性としは、生活習慣の乱れや環境の変化が原因ではないかと言われているそうですが、天疱瘡が遺伝することはまずないそうです。

舌癌の場合

zetugan

舌癌の場合は、潰瘍性舌癌が多く、初期では食事中などに誤って舌を傷つけてできるアフタ性口内炎と症状が似ているそうです。

また、舌癌の痛みは口内炎よりも軽いのが特徴で、良性か悪性かを見分けるには、見た目で判断した方が分かりやすいそうです。

口内炎の見た目は縁がきれいで、周囲に赤みを帯びているのに対し、舌癌の場合は、縁がギザギザで触ると周囲が硬いのが特徴だそうです。

しかし、舌癌は初期の場合は、味覚や発音の障害を残さずに90%以上の人は治るそうです。なので、普通は2週間程度で治る口内炎が3週間以上治らない場合は、医師の診断を受けた方うが良いそうです。

まとめ

口内炎が3週間以上も治らない場合は、舌癌の可能性があるようなですね。また、舌癌の場合でも初期に発見できれば、90%以上の人が味覚や声の発音の障害も残らずに治るようなので、軽い口内炎と放置せずに早めに病院で検査を受けた方が良いですね。

おすすめ記事
↓↓↓

口内炎の治し方で即効性がある4つ!レーザー治療で痛みをとる

口内炎の薬で市販薬のおすすめはこの4つ!口内炎パッチが人気

口臭を改善する4つの食べ物!野菜の植物繊維は口臭を防ぐ

口臭の原因の胃の病気を改善するには?ピロリ菌を薬で除菌する

口臭の5つの原因と対策!口呼吸を止めて鼻呼吸を習慣づける

スポンサーリンク



このページの先頭へ