口内炎の原因で舌の側面にできる理由は?口の中を噛んで傷つけない

口内炎の原因で舌の側面にできる理由を説明しています。まず、アフタ性口内炎は口の中を噛んで傷つけると発症するそうです。そして、アフタ性口内炎の予防法は、口呼吸を止めて鼻呼吸にし、歯磨きで口の中を傷つけないようにし、しっかり食べ物を噛んで唾液を増やすことなどが大事だそうです。

  • アフタ性口内炎は口の中を噛んで傷つけると発症する
  • アフタ性口内炎の予防法は?

アフタ性口内炎は口の中を噛んで傷つけると発症する

kounaien

アフタ性口内炎は、食時中などに口の中を噛んで傷ができると、そこから細菌が入り込み炎症を起こし発症するそうです。

また、口の中の粘膜が弱ったり、ストレスや栄養不足で免疫力が低下することでも発症するそうです。

スポンサーリンク

アフタ性口内炎の予防法は?

アフタ性口内炎の予防法は、「口呼吸を止めて鼻呼吸にする」、「歯磨きで口の中を傷つけない」、「しっかり食べ物を噛んで唾液を増やす」、「ストレスや疲れを溜めない」、「ビタミンを多く含む食材を摂る」ことで予防できるそうです。

口呼吸を止めて鼻呼吸にする

口呼吸をすると、空気中の細菌が直接身体に入り込んでしまい、口の中も乾燥するのでアフタ性口内炎の原因になるそうです。

なので、口の中を乾燥させないように、口呼吸を止めて鼻呼吸をするように心がけると良いそうです。

歯磨きで口の中を傷つけない

歯磨きをする時に力を入れすぎると、口の中を傷つけてしまい、そこから細菌が入り、アフタ性口内炎の原因になるそうです。

なので、正しいブラッシング方法を身に付けることが大事だそうです。

しっかり食べ物を噛んで唾液を増やす

食事の時は、しっかり食べ物を噛むと唾液の分泌量が増えるのでアフタ性口内炎の予防になるそうです。

また、唾液には口の中の粘膜を保護したり、傷を修復する効果もあり、しっかり噛むことで、内臓の負担も軽くなり、脳の働きも良くなるので習慣付けると良いそうです。

ストレスや疲れを溜めない

ストレスや疲れが溜まると、免疫力が低下し、アフタ性口内の発症率も高いと言われているそうです。

なので、睡眠をしっかりとり、入浴でゆっくり疲れを癒し、気分転換などでストレスや疲れを溜め込まないようにすることが大事だそうです。

ビタミン豊富な食材を摂り予防する

yasai

ビタミンが不足するとアフタ性口内炎が発症しやすくなるそうです。なのでビタミンが豊富な野菜や果物を多く摂ることが大事だそうです。

また、ビタミンB郡が多く含まれる、レバー、牛乳、卵、魚などはアフタ性口内炎の予防に特に効果があるそうです。

また、仕事などが忙しく毎日のバランスのいい食事を摂るのが難しい人は、市販のビタミンB郡のサプリメントで補うことでもアフタ性口内炎の予防に効果があるそうです。

まとめ

口内炎が舌にできる理由で一番多いのは、アフタ性口内炎のようですね。そして、アフタ性口内炎が発症する原因は、食事中に口の中を噛んで傷ができ、そこから細菌が体内に侵入し、炎症をおこしているようですね。

管理人も奥歯が欠けてしまい、その部分が鋭くなって、食事中に舌を思わず噛んでしまい、アフタ性口内炎になることが時々あります。

なので、食事でよく噛むことは大事ですが、あまり急いで食べずに、ゆっくりとしっかり噛んで、舌を噛まないように気をつけて食べることが大事ですね。

おすすめ記事
↓↓↓

口内炎が治らない時の4つの病気は?舌癌の初期は90%以上治る

口内炎の治し方で即効性がある4つ!レーザー治療で痛みをとる

口内炎の薬で市販薬のおすすめはこの4つ!口内炎パッチが人気

口臭を改善する4つの食べ物!野菜の植物繊維は口臭を防ぐ

口臭の原因の胃の病気を改善するには?ピロリ菌を薬で除菌する

スポンサーリンク



おすすめ記事

このページの先頭へ